ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価

上映館(2館)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

おのの

おののの感想・評価

2.0
おもしろこわかった。
子役の女の子かわいすぎ
Camille

Camilleの感想・評価

3.7
2人ともかっこよい
ブラピがアンテナ直す時に服を脱ぐシーンは特に最高😭❤️❤️
"いい友人だ"
"努力してる👍🏻"
ここのセリフグッとくる
ごまふ

ごまふの感想・評価

3.0
タランティーノくさい映画だなあ!(笑)

他の作品とは一線を画す、冗長というか着地点の見えない長々とした展開。
久々にクエンティン節を見た感じ。
もはや演じてる人が誰とかあんまり関係なくなってくるの、つくづくこの人の異才だと思う。(笑)

ただ、懸念してた通り、40年代〜50年代のハリウッドの事情とかある程度知識がないと把握できない部分がちと多かった。
日本で売れなかった理由はここなんじゃないかなあ。

観たのは10分延長ありの拡大版だったんですが
まさか、ああいう形で10分追加してくるとは思わなんだ。(笑)
そりゃディレクターズカットと言わずエクステンドカットなんて変な呼び方するわけだ。

誰得だ。(笑)
まさしくタイトルの通り!!
史実をもとに、タランティーノなりのハッピーエンドをしっかりと用意してくれたことが素晴らしい!
過去作も、その元ネタとなった作品も見なければ…と思いました。
リックとクリフのシーンは穏やかに時が流れ、2人の会話や日常はまるで実際に存在するかのようなリアルさを与えてくれる。
そのリアルさゆえにラストのアクションシーンはとても物悲しく涙が出た。隣人との会話もどこかおとぎ話のようで切ない。この2人が本当にいてくれたら良かったのに……
タランティーノの願いや祈り、怒りがこめられた作品だった😭
mao

maoの感想・評価

3.2
豪華キャストで画面が豪華だった。
予習してからみてからもう一回みたいやつ。
かのや

かのやの感想・評価

3.1
終盤の畳み込みで笑ってしまった。
大胆なアクション嫌いじゃない。
タランティーノの映画や舞台になっている時代への愛がこれでもかと言う程に伝わってきた。すごく楽しんで作ったんだろうなぁ…。勉強不足故に少ししか分からなかったけれど色んな映画のオマージュがありそうなので、もっと色々な映画を見た何年後かにまた見直したら、違う感動が得られそう!

自分が存在しない過ぎ去りし時代への感傷とか、いつまでも変わらずにはいられない2人の関係の意外な儚さとかに浸っていたら泣けてきました。大好きな映画になりました。
ます

ますの感想・評価

-
映画にこめられてる意味とかよくわかんなかったけど、シャロン・テートが死なくてよかった
60年代のアメリカ文化について疎いのでシャロン・テートあたりしか話がわからなかったが、ブラピはいい。
>|