ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価

上映館(4館)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

MiYu

MiYuの感想・評価

3.5
タランティーノ監督ならではの長い映画。
でも展開がなくだらっとした感じが
私は割と好みなので長く感じなかった!
音楽の使い方や小ネタをちょいちょい挟んでくる感じも好き!
何より2人の共演を観れるだけで観てよかったと思う。
他の作品に比べると血まみれシーンは少なめ(笑)
なんとなく作品の意図が掴めずレビューを見て消化、、
791

791の感想・評価

3.6
あれ?節は?と思ったら来た笑
VWOWOWOV

VWOWOWOVの感想・評価

4.9
ブラピとディカプリオのブロマンスはズルい。ますますレッドフォードに似てきた気がするブラピの無駄な脱ぎシーンとか、すべてをひっくり返して、パラレルな輝く世界へ飛ばすいつものやり口とか、タランティーノの好きなモノへの愛が溢れでるすべてのシーンがエモーショナル。音楽のチョイスも絶対外さないし、外連味溢れる描写とかどこをとっても大好き。

2019.15
maguro

maguroの感想・評価

3.6
レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの演技はやはり凄く、それだけで見る価値はある。
しかし、期待していた程ではなかった。
最後の30分笑った
akrutm

akrutmの感想・評価

3.7
1969年のハリウッドを描いたクエンティン・タランティーノ監督のコメディドラマ映画。『パルプ・フィクション』があまり自分の好みでなかったこともあって、タランティーノ監督の作品はほとんど観ていなかったが、レオナルド・ディカプリオとブラット・ピットの共演や、シャロン・テート殺害事件の題材にする等で公開前からかなり話題になっていた作品なので、観賞してみた。

全体的な感想としては、思っていたほど悪くなかったが、それと同時に、世間が大騒ぎしたほど強い印象が残る映画ではなかったという感じ。ただし、その当時のテレビドラマや映画に精通している人であれば、全然印象が異なるのだと思う。良かった点を言えば、落ち目の俳優リック・ダルトンを演じたレオナルド・ディカプリオの演技がやっぱり素晴らしい。それから、シャロン・テート事件をこのように描いているとは思わなかったので、その点も好感が持てた。シャロン・テートを演じたマーゴット・ロビーもなかなか良かった。ブルース・リーの描き方については、確かにちょっとおちょくった感じに見えるし、娘からすると嫌だったのかもしれないが、モハメド・アリ(カシアス・クレイ)と戦うのは俺しかいないみたいなことは言ったんじゃないかと思う。

他には、リック・ダルトンと共演する子役を演じたジュリア・バターズが可愛らしくて印象に残った。それからビバヒルファンとしては、なんと言っても本作が遺作となったルーク・ペリーを見れたのは感激した。もうちょっと出番が多ければよかったのだが…

結局、なんだかんだ言っても、結構楽しめた映画であった。
Scigurhhh

Scigurhhhの感想・評価

4.0
タランティーノの話題作 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
ハリウッドの黒歴史、シャロンテート事件を下敷きに、落ち目の役者とそのスタントマンを主人公とした1969年再現映画。

「昔々ハリウッドで…」というタイトルから導き出されるタランティーノ流の結末が涙腺を直撃する傑作。
今回のブラピはベスト・オブ・ブラピとも言える素晴らしい役どころでコレまた最高です。
直前に見た「ハリウッド・イン・1969 シャロンテートの亡霊」は割と忠実にシャロンテート事件をやってたのですが天と地ほどに面白くなかった。
シャロンテート事件に関しては知らないで見るとこの映画の意味合いが全く分からないと思うので観る前に予習は必須。その上で結末を考察する事に意味のある映画。
菜奈

菜奈の感想・評価

-
ほんとのヒッピーの意味を知った
>|