ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

2019年のベストムービー。
「イングロリアス・バスターズ」といい、この「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」といい、タランティーノ映画のブラッド・ピットの顔芸が好きすぎる。
ディカプリオの西部劇のシーンもいいんだけど、この映画に関してはブラッド・ピットに敵わないというか…。
(1960年代末の西海岸文化やマカロニ・ウエスタンへのオマージュなど、話題は尽きないが、ここでは顔芸の凄さを記しておくにとどめたい)
RYOKO

RYOKOの感想・評価

4.4
2回観た!
1回目はタラちゃん節満載だな〜西部劇好きだな、とかポランスキー出てくるってどゆこと?ローズマリーの赤ちゃんの?ブルースリー出てきちゃうし何?て色々考えながら観てたけど(後半は爆笑した)
シャロンテート事件とマンソンファミリー、文化背景調べてから観たらもうすごい面白い〜。
小ネタ満載、そういうことか!と。

あとはとにかくブラピがかっこいい。
竹内豊の次に好き。大好き。
子役のジュリアちゃんの今後にも期待。
踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.3
諸行無常、栄枯盛衰……そんな言葉が思い出される。この映画で描かれるのはどんなヒーローたちもいずれは表舞台から退いていくという端的な事実なのではないかと思った。いつまでも華やかな時間は続かない、という……もちろんブラピとレオの小粋な会話も、シャロン・テートのチャーミングな微笑みも、最後の大立ち回りも印象深いのだが殊に私が惹かれたのは「パンプキン」とレオの会話だった。「老い」を率直に語るレオの姿は、そのまま海千山千を潜り抜けて映画を撮り数多くの栄光を体験して、また数多くのバッシングを浴びて来たタランティーノが体得した哲学のエッセンスがそのまま吐露されているようで面白いと思ったのだ。そう考えるとタランティーノの枯淡の境地が現れたかのようなこの映画が、スリリングでもホットというのでもなく、何処までも弛緩しておりしかしそれでいて侮れない「切なさ」に満ちている原因も掴めるように思うのだ。日常を撮りたいからと言ってストーリーまで退屈にして良いとは思われないので点は低くすることにしたのだが、この「切なさ」へのタランティーノの進化はむしろ次作でこそ開花するように思われてならない。なので、次作を期待したい。過渡期と受け取った。

※それはそれとして、タランティーノは「映画」や「車」や「タバコ」と同じ次元で、「女性」をどうとでも扱える「アイテム」として見做していないだろうか。それだけが引っ掛かる。
あーぁ

あーぁの感想・評価

3.0
前半20点ラスト100点

映画の知識疎いもんで結局コレがなんのベースの話とか全く理解出来んし、後半まで一体何見せられとんのやろ?でしたわ

すまんけど古い時代の映画は好きだけどホラーの方が圧倒的に好きなんよ。ごめんよ。
だから何一つキュン要素無くて辛かった。
あ、ワンコのお尻フリフリはキュン!

まぢラストまでがクッソ長く感じてしまって誰か死ぬなら早く死んでくれんかなぁ、、思ってずっと見てた。
皆んな160分があっという間言うてたけど体感的に風と共に去りぬ2本分くらいあったけどこれいかに?

でもラストはタラちゃんっぽくて楽しかったぞぉー
この時代の映画好きな人、タランティーノ好きな人はこぞって見たらええと思うのよな

とりま、ちん子喰いちぎり犬に免じて星3つ!


あとどうでも良いけどこの映画の画面に行った時のフィルマのレンタル開始日がちょうどジャケのブラピの顔と重なってて悪意を感じる。
さかい

さかいの感想・評価

4.5
もう一回、いや、何回もあのシーンを見たいがためにブルーレイ 買いました。

そのシーンだけ見たところ、結局もう一回全編
見たくなりました。


見だしたら朝になるので今日は寝ます。
シャロンテート殺害されるかと思ってたらまさかの展開!!

まあまあでした
midori

midoriの感想・評価

4.0
そっか、私タラちゃん作品パルプフィクションしか知らなかったんだわ(笑)
もっと勉強しとくべきだったー。
きっとマニアが喜ぶ要素沢山散りばめられてたんだろうなぁって。ちと悔しい←

元々シャロンテート殺人事件が絡んでる作品としか予備知識がなくてどうなるどうなる?!とずっとドキドキ、、の割にマンソンあれだけかいw
火炎放射器は笑った(笑)
若干期待し過ぎた感はあったけど楽しめた。
ダコタファニング気づかなかったよw

あとね、もう映像がおしゃんてぃー過ぎる。
60sのファッション、家具、音楽、街並み、ゴーゴーダンス!!堪らんかった。
それだけで永遠見てられた。

元ネタ知らない&普段ドンパチエンタメ映画しか見ない旦那はちょっと退屈そうだったので残念。。
>|