ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

山前暁

山前暁の感想・評価

5.0
これが映画!
2時間半越えだがあっという間。
あまりにも最高すぎて2回観ました。
Brad Pitt演じるCliff Boothがアウトロー的で(妻を殺した?)、トレーラーハウスにピットブルと暮らしているという設定も相まってグッとくる。

カメラの動きが「タランティーノだなぁ」、というより「この動きが映画だ!!」という感動。
上映時間があっという間。
最近観た『FORD v FERRARI』よりもはるかに体感速度が違いました。

「カメラの動きが「映画的」か?」という視点は当分の間は重要視すると思います。
そこが映画の面白さだと思うし。
邊見猛

邊見猛の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

 みどころ1⃣︰ハリウッド女優である&聖林女優である,シャロン・テートの殺害事件など【1969年8月9日&昭和44年8月9日】,50年以上も映画やマンガのモデルとして怪しい魅力を放つ,❝悪の象徵そのものであるカリスマの❞チャールズ・マンソン❢❢。孤独な家出少女を集めて❝ファミリー❞で共同生活をするその一方で,彼女たちの心を操り殘虐な殺人鬼に変えた,悪魔のような男性❢❢。実は彼自身にも,幼少期のころに家族に裏切られた悲惨な体驗が……。伝説的な犯罪者が描いた絵や手紙などテレビ初公開資料も交えながら,今現在の現代人の孤独にも通ずる&心の闇の奥底に迫る問題を浮き彫りにする❢❢。
 みどころ2⃣︰『世界の王樣に,オレはなる❢❢』孤独な真心の闇を抱える家出少女たちを,❝家族❞として匿うその一方で,その心を操りハリウッド女優,シャロン・テートやセレブリティ連続殺人を実行させた,悪魔のような男性❢❢。心の闇の奥底に迫る❢❢。
poko

pokoの感想・評価

3.8
面白い面白くない以前に前情報何も無しに観たのが本当に後悔。
今から観ようとしてる人は「シャロン・テート殺害事件」と「マンソン・ファミリー」について予備知識をつけておくことをすすめます。絶対。

まあでもこの作品を観た後に興味が湧いて調べると沢山の情報が溢れていたから一応そういう楽しみ方もあるのかも?

前情報無しに観て後悔してるものの約2時間半、一度も退屈することなく観ることができた。これがタランティーノと名俳優2人の力か…

ディカプリオとブラピはやっぱり凄い…(語彙力…)
どアップでも脱いでもカッコ良すぎる。顔に刻まれたシワすらもカッコいい。

子役に演技を褒められて目を潤ませるディカプリオが良かった。なんかこちらも少しうるっときた。
そしてその子役の子がめちゃくちゃべっぴんさんなんです。

当時のアメリカや西部劇や実際に起きた事件や知識があればスコアも全然違っていたはず。くッ…無念ッ…!
何が面白いのか全くわからなかった
ラスト30分がはちゃめちゃすぎ
TTT

TTTの感想・評価

4.5
タランティーノらしいラストシーンが爽快だった!
ayuki

ayukiの感想・評価

3.9
いかんせん長かったがおもしろかったわよ
西部劇に詳しければもっと面白かったのかも
yusuke

yusukeの感想・評価

5.0
さすがタランティーノ。
今までよりは大人しかったものの、やっぱやってくれたね!!

歴史を振り返っても類を見ない、残忍で悲惨な事件を、歴史ごと変えて、とてもポップにかつグロテスクに描ききる監督の天才っぷりには頭あがりません。
ブラピ、レオの魅力を最大限に引き出し、魅了させてくれたことには感謝の気持ちまでもある。
ブラピ、アカデミー賞ほんとうにおめでとう!!!ずっとファンでよかった。
永遠にかっこいいよ、あなたは。体もすごすぎるし。サングラスとるだけであんなに輝く人、あなただけですわ。

様々な思考や葛藤や狂気がまざりあい、ハリウッドをかけめぐる。とても面白いと思った!!3時間弱なんて楽勝だね!もっと見たかったなー!
あと子役の女の子かわいすぎ!
どっから見つけてきた??
11歳の女の子がいいって思うとか、おじさんになってしまったわー。
いやー最高!!!!

このレビューはネタバレを含みます

さいこー!8 GODDAMN WHISKEY SOURSのディカプリオがたまらんブラッドピットの全てに動じない最強男具合も惚れ惚れ!愛しいコンビを観られて満足です
最後シャロンテートにならなくてホッとした
いづ

いづの感想・評価

3.7
ロサンゼルスハリウッドへの愛
>|