ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価・動画配信

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

邊見猛

邊見猛の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

 あらすじ1⃣︰1969年&昭和44年,ハリウッド&聖林❢❢。リック・ダルトン【レオナルド・ディカプリオ】はかつてTVの西部劇で人氣を集めていたスターだったが&人氣を博していたスターだったが,今現在の狀況は,❝❶落ち目の韓流れの&❷河童の川流れの&❸鳴かず飛ばずの&❹落魄れの&❺零落れの❞,売れないリスクが常日頃からつきまとう俳優❢❢。お友達でスタントマンである,クリフ・ブース【ブラッド・ピット】に仕事を回す余裕と遊が全然なかった❢❢。そんな彼の鄰り近所のお家に,時代の潮流である監督業の&時代の寵児である演出家のロマン・ポランスキーと,新進氣鋭の女優であり妻の,シャロン・テート夫妻【マーゴット・ロビー】がここに引っ越して來る❢❢。リックとは対照的に,まさに太陽そのものである,燦々と光輝く夫妻❢❢。リックはカムバックである再起のチャンスを攫むため,伊太利亜に渡って西部劇の映画に出演することを決意表明するのだが……。
 みどころ1⃣︰クエンティン・タランティーノ監督が,米国合衆国の現地時間である❶1969年8月9日に実際に遭遇した&❷昭和44年8月9日に勃発した,❝シャロン・テート事件❞を❶モデルにしながら&❷モチーフにしながら,映画製作ヘの鄕愁を込めて描き出す❢❢。❶復活の兆しを果たす&❷カムバックを果たす,❝落ち目の韓流れ&かっぱの川流れ❞の俳優と相棒であるスタントマンとの友情を軸としているドラマに,音樂や映画など当時のサブ・カルチャーを❶コンパクトにしながら&❷凝縮しながらぎっしりと詰め込んで,観客動員ギャラリーたちを1氣呵成にして1960年代に誘う&昭和35年〜昭和45年代までに誘う❢❢。アカデミー賞では,レオナルド・ディカプリオと初共演を果たして,名コンビ・ネーションぶりを見せた,ブラッド・ピットの助演男優賞と美術賞の2部門を受賞する❢❢。ハリウッド・ランド黄金時代の,光と闇に逼る&聖林ランド・黄金時代の,光と闇に迫る❢❢。
 みどころ2⃣︰映画監督のロマン・ポランスキーの奥樣でもあり,ハリウッド女優である&聖林女優である,シャロン・テートの殺害事件【1969年8月9日&昭和44年8月9日】,50年以上も映画やマンガのモデルとして怪しい魅力を放つ,❝ヴィランの,シンボルマークである&ヴィランの,ヱンブレムである&ヴィランの,アイコンである&ヴィランのカリスマである象徵的すぎる存在こと❞,チャールズ・ミルズ・マンソン【今現在から3年前の2017年11月19日に&平成29年11月19日に,享年83歳でこの浮き世を去る&獄中死する】❢❢。孤独な闇を抱えたお家を出た少女たちを集めながら❝ファミリー❞で共同生活をする一方で,彼女たちの心を100‰支配して操り,殘虐非道の殺人鬼に変貌させた,❶悪魔に取り憑かれた男性&❷悪魔に魅了された男性&❸悪魔に魂を売った男性❢❢。実は彼自身にも,幼少期のころに家族に裏切られた悲惨な体驗を持つ&家族に棄てられた過去を持つ【母親が16歳のときに,チャールズ・ミルズ・マンソンを出産】……。伝説的な犯罪者が描き出した絵画や手紙等TV初公開の資料も交えながら,今現在の21世紀の現代人の孤独にも通ずる&心の奥底にある闇に迫る問題を浮き彫りにする❢❢。
 みどころ3⃣︰『世界中のキングに,オレはなる❢❢』孤独な心の奥底にある闇を抱えるお家を出た少女達を,❝ファミリー❞として秘匿する一方で,その心を支配しながら操りハリウッド女優である,シャロン・テートや大金持ちであるセレブリティ連続殺人等を実行させた,悪魔のような男性❢❢。真心の奥底にある闇に迫る問題等を浮き彫りにしていく❢❢。23︰45〜24︰45にかけて,令和2年8月18日【火】において,NHK−BS・ハイヴィジョン・プレミアムで放送中の『ダークサイド・ミステリー〜悪魔と家族の狭間に〜チャールズ・ミルズ・マンソンの,危險な誘惑〜』において,再放送いたします❢❢。どうぞ,お樂しみに❢❢。
ray

rayの感想・評価

-
なんと言いますか
ただただ、
ディカプリオとブラピの
ツーショットに痺れた3時間。
タランティーノ監督
ありがとうございました。
おもろかったー
シャロンテート殺人事件について調べてから見てよかった
朝起きたらブラピになってねえかな
落ちぶれた俳優とスタントマンの友情。
シャロンテート殺害事件。

もうちょい期待してた笑
ててて

ててての感想・評価

4.5
いやー、あっという間の3時間。

シャロン・テート事件を予習しました。

凄く印象に残っている「戦場のピアニスト」の監督がこのポランスキーだという事を知って他の作品も見て見たいなと思った。

最初は事件のことが頭にあり、構えてしまっていたけど、どんどん1960年代の映画の中に引き込まれていってしまって、あっという間!!
この緩い感じからどうやって事件を織り交ぜて着地させるのかドキドキしていたが、
さすがタランティーノという感じ。
残虐なシーンにイケイケの音楽。
レザボアドッグスの耳をそぎ落とすシーンを思い出した。

最後、リックとクリフがヒッピー共をやっつけるシーンは、タランティーノっぽさがあって穏やかな気持ちで観れた。

あと、ここまでたばこのシーンが多い映画は初めてかもしれない。常に誰かが吸っていて、近くに子供や妊婦がいてもお構いなし。これが60年代だったのかなと思うと楽しくなってしまった。

ディカプリオとブラピのコンビ、ご馳走様でした。クリフが自分のボロボロのアメシャを走らせるシーン、そこで流している音楽も最高にクール。

あと、クリフが住んでいたトレーラーハウスの中が本当に素敵だった。憧れる…。

リックがステレオテープでセリフを練習するシーンや、レコード盤に針を落とすシーンなんかも最高。音楽も雰囲気を出していて、最初から最後まで飽きずに楽しめた。
りら

りらの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

この映画、チャールズ・マンソンとやらとか、シャロン・テート殺人事件のことを知らずに観たら、「なんかなんなん?この映画」って感じで観てた。実際にいた人物や悲惨な殺人事件のことを知ってから観た方が断然いいかな。
事実とは違ったハッピーエンドになってて、レオナルド・ディカプリオとブラピ演じる2人の友情がいいな。
1960年代頃のハリウッドが舞台なのも魅力あるよ。
カルト集団でヒッピーのファミリー作って殺人起こしてた事実の酷い事件を映画の中では隣人に住む人気のピークを過ぎた俳優リック・ダルトンのスタントマンしてるクリフ・ブースと犬とリックの新妻、そしてリックが侵入してきたヒッピー達を猛反撃してて、凄すぎる。アレ、正当防衛になるん?ってびっくりもの。
笑っていいのかなと思う程。けどレオナルド・ディカプリオ扮するリックが可愛かった!ブラピ扮するクリフはカッコいい!
若

若の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

初めて劇場で観たときは多分二度と見ないかラスト13分だけ飛ばして見るなと思ったけど定期的に見たくなるので酷いときは5日連続毎晩全編見た事もある

見る回数が増えるごとにムクムクと3時間じゃ足りなくない?という気持ちになってくるので不思議だ…4時間版一生待ってる…

just one を経て2回目鑑賞時の冒頭I tryは震えた
MOMOKA

MOMOKAの感想・評価

-
カナダで見た
ひなむ

ひなむの感想・評価

3.7
いやあ、今更ながらいいもん観ました…(途中は退屈したけど)
ヒッピーにgirlsのレナダナムがいたのがジワる。みんなレナダナムをボコボコにしたいんだなって…笑
ブラピはレオ様の友情を感じられたし、レオ様はお隣さんのお陰で道が開そうだしっていう優しい世界で終わって良かった。
あとマーゴットロビーってほんとに良いよね、好きです。いるだけで嬉しくなっちゃう。
ブラピは、レオ様以外に関して心壊れちゃってる危ない人だなと思ったりも。
淡水魚

淡水魚の感想・評価

4.3
観終わった後の足が浮き立つ感じ
>|