ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価 - 1050ページ目

上映館(10館)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

Giulietta

Giuliettaの感想・評価

4.0
タラちゃんの好きなもの詰め込みました感とハリウッド愛がすごいw
ブラピのアクションがカッコ良すぎた〜
IMAXで鑑賞したら特典貰えるの知らなかったから嬉しかったw
Ma

Maの感想・評価

3.0

事前に事件のこと調べといたからわかったけど、何も知らなかったらあんまり楽しめなかったかも、、

60年代の雰囲気、私にはちょっと合わなかった
あ、でもdrive cinema?はめちゃいい、いきたい

ブラッドピッドやっぱかっこいいー、年取った感はあるけど衰えない色気
セクシーでスカしてて、すこし哀しい役柄がぴったりでした

ヒッピーの女の子達可愛いけど、ちょっと宗教チックなコミュニティーだよなぁ
こういう時代だったのね
レオ様の人間臭さたっぷりの3枚目キャラとブラピの無骨な男前さがバッチリ映画にマッチしてます。
クライマックスは待ってましたのタランティーノ節!久しぶりに映画館で声出して笑いました。
2時間50分という最近では珍しい長時間映画でしたが全く気にせず楽しめます。
他の方も言ってますが、シャロンテート事件の簡単な概要だけでも調べてから見ることをオススメします。ラストの印象が全然違いますよ。
クレジット中にも笑える映像があるのでお見逃しなく。

「今までの演技で一番よ」
「....リック・ダルトン様だ」
こっちまで嬉しくなってしまう。
ふゆ

ふゆの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

やりすぎのバイオレンスめちゃめちゃ笑うわ。しかも今回それをブラピとディカプリオがやっちゃうところ。2人とも最高だった。あぁこんなわけわからんヒッピーのやばいやつらに、2人とも、まさか、殺されちゃうの?やだなあ、ディカプリオまたプールで死ぬじゃん、、、と思ってたらそんなことなくてブランディに合図してからのバイオレンスが最高の笑いとカタルシスを持ってきてくれましたよ。
いかつい音楽とともに火炎放射器を持ったディカプリオがでてきた時は夢かしらと思ってもうダメだった。

ディカプリオのブチギレやっぱめっちゃ好き。

マーゴットロビーが目を輝かせながら自分の映画を観るところがすごくよかった。こんな、これは、天使かな?このシーンだけでこの映画が撮られた意味は絶対あるな!ってくらいに名シーンです。
それをおいておいてもマーゴットロビーのスタイルがやばすぎてずっと肌色追ってた。
出てくる女性が総じてグッとくるポイントがあってもうタランティーノ変態、好き!俺も足好きだぞ!
プッシーキャット役のマーガレットクエリーとかめちゃめちゃ外面は健康美でよかったです。あと脇毛。
あの天才子役の小娘も!一瞬「この子なんていう"俳優"の子供時代なんやろ、作品探そ!」くらいの錯誤をするくらいに、あの子が成長して現代まで生きてるんじゃねえかって思ってしまうシーンでした。

シャロンテート事件について事前にwikiくらいはみてあったので、この素敵な子が、、、って思って見てたら、そんなことはなくてタランティーノ、、、ありがとう!!!!ってなる。
というかこれはシャロンテートについて知らないと物語がどこに向かうのかイマイチわからんのかもな、だとしたら結構途中までなにしてるかわかんなくてつまんないかもと思いました。
「落ち目のおっさん2人が暴漢を返り討ちにする、その間に挿入されるかわいい隣人の私生活」
確かに内容書くとやばいな???
でも見たあとならわかる。これは一応おとぎ話らしくハッピーエンドです!!

とりあえずオタク気質の監督はやってること、映ってるものに無駄が無い。と思う。
いや、無駄も含めて有機的な世界を構成しているというか。こういうの見て情報量の多そさに、なんて調べがいがありそうなんや!と思って楽しくなる。
正直60年代70年代の映画なんて全然知らないけど、情報の豊かさで楽しめました。
ごちゃごちゃ書いたけど結局「映画好きな人の作った映画っておもしれー」です。

劇中劇のリスペクトあふれるかんじ、グラインドハウスちゃんとみてえなってなる。

ヒッピーとか、連合赤軍とか、オウムとか、結局あいつらやべえじゃねえか!っていうことにみんななっていくんですね。

みんな家に帰っていくシーンもしみじみと生活感があって好きです。

あと音楽も最高だった。サントラ聞いて帰るの楽しかったな。

パンフも850円にしてはめちゃめちゃ内容あるし、サントラの曲まで網羅されててこれは買って本当に良かった。

ティムロスはいませんでした。
この作品、予習して何度か見ないと面白さが分からない。一応、視聴し終わって60年代の時代背景とか殺害事件を調べて、作品と合わせようとしてもうまく噛み合わない。

何見ておいたほうがいいか、誰かマジで教えてください。
fumi

fumiの感想・評価

5.0
個人的好みで言えば、パルプフィクション超えかも。理不尽な現実に対してイマジネーションとクリエーションで対抗するって手法をここまでストレートに表現されると落涙せざるを得ない。
主演3人がとにかく良い。ブラピは彼のフィルモグラフィ上でも最高レベルに格好良いし、ディカプリオもメソメソ可愛い。スーサイドスクワッド、アイトーニャで魅力的かつ暴力的な悪女を演じてたマーゴットロビーも今回のお伽話のお姫様ポジションがめちゃくちゃハマってる。タランティーノがインタビューで「実在のシャロンテートという人物をマーゴットロビーを通して『チャールズマンソン事件の被害者』という定義付けから解き放つ」って言ってたけど、正に彼女のプロフィールについてそれぐらいしか知らない自分には刺さりまくった。
そして何より69年のハリウッドに漂う多幸感を160分浴び続けられるのが最高。
ブルースリーやスティーヴマックィーンは勿論のこと、映画館で上映されてる作品のタイトルや、カーラジオから流れてくる音楽やニュース、背景に一瞬映るトラトラトラ!のポスターまで、とにかく情報の密度が凄まじくて超楽しかった。
クライマックスもタランティーノらしい暴力描写大爆発で、展開に号泣しながらも「やりすぎだろ」って笑っちゃうような、本当にチャーミングで大好きな映画に出会えた。最高。
IWa

IWaの感想・評価

3.8
伝えたい世界観がスッゲーわかる映画。この時代に生きて遊びたい気分になる。
ブラピ見てたら久々にジーンズが欲しくなった。ヒッピー娘の名前、まぁまぁギリ(笑)
当時は毎日一緒に居た高校の親友達を思い出した。
帰り道、星の王子様のフレーズが頭をよぎる。『いちばん大切な物は目に見えない』
Chaam

Chaamの感想・評価

3.8
ずっとずっと楽しみにしてきた作品。

レオ様とブラピの友情がグッと来ました。
マーゴットロビーの美しさも堪能できました。

1950〜70年代のハリウッドや映画産業をよく知っている人には堪らないのでしょう。
ベトナム戦争を憎みフラワームーブメントを起こしたはずのヒッピーが人を殺めてしまうという悲しい出来事。そんな時代でも底抜けに明るい雰囲気に出来上がっているのはタランティーノ節。

映画を作る人、映画に出る人、映画を観る人、映画への愛がたくさん詰まった作品でした。
MISSATTO

MISSATTOの感想・評価

3.5
タランティーノ作品の中では割と好きな映画だと思う。

Netflixで「マインドハンター」を楽しめる程度には、マンソンファミリーと聞けばどんな事件かも知ってるし、色々思うところはあれどポランスキー監督の作品で面白いと思う作品はあるし、今回の作品の背景となるハリウッドの時代もなんとなく(まだ生まれる前とはいえ)知識はあるから、見てる間は楽しめた。

けど、

けど、

ダメなんだ。今の基準が「ロケットマン」の脳になっていて切り替えられない。
まったく違う、比較するような映画じゃないのわかってるんだけど…
終わった途端に「ロケットマン見たい…」って思ってしまったんだ…
knd

kndの感想・評価

-
ひさしぶりにダラっとしたタランティーノだ、と思ったけどダラっとしてないのでデス・プルーフとヘイトフル・エイトくらいか。ダラっとしてたよかった