ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(6館)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

J

Jの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最高に面白かった。観た後、時間が経てば経つほどこの映画が面白かったって感じる。全体からではなく、場面場面から滲み出る良さがこの映画にはあった。今まで観たタランティーノ作品の中でこの作品が一番好き。また観たい。

タランティーノ節炸裂してたね。至る所にタランティーノらしさがあった。特に、バイオレンスシーン(笑)。タランティーノやなぁって感じた。

和やかな雰囲気と緊張した雰囲気の緩急が素晴らしい。完全にこの映画に飲み込まれる。観てて、なすがままやった。

実際にあった事件をベースにオリジナルのストーリーを作ることは今まで映画のイメージになかったけど、バッドエンドがハッピーエンドに改変されるストーリーやったら気持ち良く見れるね。

ヒッピーの女に案内された場所がそれまでのこの映画の雰囲気とは一転して不気味で謎めいてたから、観ててハラハラした。何か分からない恐怖がこの場所から滲み出てた。今までの映像と一転した雰囲気を作り出すタランティーノの腕の凄さがこのシーンだけでも分かる。

最後のブラピが女をボコボコにするシーン、見てて気持ち良かった(笑)。正直、リックたちが殺されるバッドエンドを想像してた。悪い人間が成敗されるのはやっぱり王道、かつ見ててスッキリする。

ディカプリオの演技が相変わらず頭一つ出てる。上手すぎる。今回はリアクションが何より良い。笑えたし。

ブラピ渋すぎる。クールなところもまた良い。強い系の役はこんな渋くてかっこいいのが一番映える。
Lilt

Liltの感想・評価

3.8
少し期待外れとも言える、こんな結末とは予想もしなかった。
ブラッドピットとレオナルドディカプリオのコンビは最強だった。
tokiko

tokikoの感想・評価

3.3
私には難しかったけど最後よい!からのブラピがかっこよすぎる🤔💓
らしいけど期待しすぎてた。てかタランティーノに追いつけてなさすぎる自分。もっと古い映画観なきゃね。
二瓶慶

二瓶慶の感想・評価

4.1
前半はヒューマンドラマ。子役の女の子が印象的。ディカプリオもいいね👍
最後はしっかりタランティーノでした。
クリフ強すぎる!

見たことあるなーと思ったら、ダコタ・ファニングだった!大人になったね!

タランティーノ作品にしては見やすい方かと、、
yFujii

yFujiiの感想・評価

3.2
これが面白いって思える人は相当映画が好きで詳しい必要があると思う。
1960年代のハリウッドが好きでかつマンソン事件?を知らないと、ただブラピとディカプリオ歳とったけどカッケ〜で終わる。
ブラピとディカプリオ❗️

内容よりこの2人が1つの画面にいることが

観る価値ありですな😄

最後の最後に持ってくるねー😵

笑っちゃいけないんだろうけど笑えるところが

流石です。
たかお

たかおの感想・評価

2.0
これ面白いって思えるようになるにはどれだけの事を知らなきゃいけないの…
けーん

けーんの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

予習必須の映画。

調べてみて納得しましたが、マンソン・ファミリーやシャロン・テート事件のことを知らないと最後まで「???」といった印象でした。史実をもとに、それを払拭するifストーリーってことだったんですね。

前半はかなり長尺で落ち目の俳優と相棒のスタントマンの2人を紹介、マンソン・ファミリーの顔見せ、後半から一気に加速し面白くなります。終盤は笑うしかない展開が続き、ブラピのぶっ飛び方に脱帽でした。これは助演男優賞納得ですわ。

久々に、というかほとんど初めて、「こんなに事前知識を予習しておくべきだったとは」と感じた映画でした。
アカデミー賞受賞シリーズvol3
助演男優賞
ヒッピーさよなら。
>|