男と女、モントーク岬での作品情報・感想・評価

男と女、モントーク岬で2017年製作の映画)

Return to Montauk

上映日:2018年05月26日

製作国:

上映時間:106分

3.3

あらすじ

作家のマックスは、新作のプロモーションのためにニューヨークを訪れる。実らなかった恋の思い出を綴った小説を携えて。かつての恋人レベッカと再会を果たすマックスだったが、別れてから何があったのかレベッカは何ひとつ語ろうとしない。失意のマックスがニューヨークを発つ3日前、レベッカからモントーク岬への旅の誘いが舞い込む。幸せだった頃の2人が訪れた場所だ。果たしてレベッカの真意は?彼女の過去の秘密とは――?

「男と女、モントーク岬で」に投稿された感想・評価

tori

toriの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

自分よりはるかに頭が良く成功している元カノ
しかも辛辣な言葉を矢継ぎ早に投げかけてくる
自分だったら「失礼いたしました~」と尻尾を丸めて退散する

この男
熱くなっている
学ばない
自己中である
この家は自分で買ったの?
等々恥も外聞もない

振られた挙げ句、奥さんに無理やり許しを乞う
実に情けない

というものの自分が同じシチュエーションになったら似たような恥ずかしい行動をとらない確信はない 
(覚えている限りこんな元カノいないのでひとまず安心)

ニューヨーク
ジャズ
ドライブ
反面教師として学び
含蓄ある会話
総合するととても楽しめた

女性視点、成功体験/失敗体験の有無、精神状態等によってそれぞれ意見分かれるだろうが

もうすぐ次のニューヨーク 
Wonder Wheel@コニー・アイランド
alec

alecの感想・評価

3.0
過去の恋愛を追い求める事に良いことは無い、二人の女性を傷つけてしまった。
skm818

skm818の感想・評価

-
前半を中心に寝てる部分が多かったんだが、だいたいのところはなんとなく把握。
営業活動でNYにやってきたドイツ人作家がかつての恋人と出会い、よりを戻そうとするが、彼女はその後結婚した夫のことを忘れられず、がっかりしながら妻のところに戻ったら妻にも愛想をつかされていて云々。そりゃそうだろうよと思うんだけど。
妻がいるのに元彼女とよりを戻したいとかどゆこと? その妻とも普段は離れて住んでいて、妻はもう彼の知らないところで自分の世界を作っちまってるんだよなあ。
最後妻と行った美術品収集家のところで、元彼女との関係をほのめかす版画を譲ってくれようとしたのを断るというのは、元彼女との決別ということなんでしょうね。
細かいところを見れてないのではっきり言及があったかわからないんだけど、この人たちは東ドイツ出身なのかな。統一後のドイツに戻ったとかいう話もあったしなあ。それぞれ成功してるんだけど根無し草的なところはちょっと感じた。
mashu

mashuの感想・評価

3.0
未練と未練のぶつかりあいか。
A

Aの感想・評価

3.3
あの時こうしていればといった後悔の話でした。
私はその気持ちがとても分かるからと思って観ましたがストーリーは見え見えだったかなと思います。
特別なにが悪いってことはないけれど刺激の足りない作品かなと感じました。
モントーク岬の海岸がエターナルサンシャインに類似していました。
くどー

くどーの感想・評価

3.1
自分には難しくて、結局自分はそういうことなんだと思う
みゆき

みゆきの感想・評価

2.5
邦題も予告も個人的には正直やや不快だなと思ってて、でも実際の映画はそうじゃないはず!って根拠のない期待をして観に行ったのだが、案外予告も的外れではなかったのだなぁと反省。大人の恋愛ものはやっぱりフランス映画に任せるのがいいと思う。
すれ違う男と女。男は全然気付いて無い。話しても通じない。マックスは結局は選ばれないタイプだよな、魅力的なのはわかるんだけど。
潮風の強いモントーク岬のホテルで、窓を開けたままでいる事が、気になって仕方なかった。寒いって絶対!
もっ

もっの感想・評価

3.5
なんかもう一回見るか、何かを経験したらすごく感動しそうな感じある
わたしがヒヨッコ
Iri17

Iri17の感想・評価

4.7
あの時こうしていたら自分の現在、未来はどうなっていただろうか?と夢想することは誰にだってあるだろう。

すれ違ってしまった2人が過去を清算するために訪れたモントーク岬は、2人の後悔と過去を象徴する地であり、『エターナル・サンシャイン』にそっくりな海岸線は、過去の選択の結果失ってしまった女性への執念を象徴しているように感じる。

特徴的な主人公のカメラ目線の独白と、小説家という職業が表しているようにこの作品は小説的である。
過去を回想するという話でありながら、回想シーンを一切使用せず、会話と朗読のみで、過去を伝えている。
これは一見、話を理解しづらくしているようではあるが、観客の想像力を活かして、物語世界の形成に観客を参加させるという落語や能などの日本伝統芸能のようなスタイルといえる。ようは、2人の話から過去はこんな事があっただろう、こんな風だったのだろうと観客1人1人に想像させているのだ。こうする事で物語は観客1人1人によって無限に広がるし、何度も観る楽しさが生まれる。
派手なアクションや回想シーンを使わず淡々と物語を進めていく、小説的で落語的とも感じる。

これで過去にタイムスリップしたり、平行世界に移動しようものならSFであるが、ステラン・スカルガルドの絶妙なそこら辺のおっさん感と素晴らしい演技が現実味を醸成しており、きっと歳を召した人なら誰だって1度は考え、経験するようなことだと思う。若干22の僕だっていくらでもあるのだから。

別にそこまで似てる訳じゃないし、監督も知らないと思うけど、有島武郎の短編小説『生まれ出づる悩み』を思い出した。理想と現実の齟齬に苦しみ、ひたすら相手のことを想像する話なのだが、すごく似ているなと。

僕好みの素晴らしい作品でした。ソフト出たら購入します。
>|