bebemama

グッバイ、リチャード!のbebemamaのレビュー・感想・評価

グッバイ、リチャード!(2018年製作の映画)
3.8
大学教授のリチャードは余命半年と告げられる
その後のリチャードの生き方を、章立てで描いている
余命半年と告げられたのに
ウェットにならずにかなりドライ

妻とうまく行ってないせいか
家族になかなか告げない
娘のあの告白に対するリチャードの態度は、余命宣告されたからなのか
本来の考えなのか

親友がとても良い
あんなに心配してくれる親友がいてくれて、、、

自分の欲望に忠実な、はちゃめちゃな行動から
自分に正直に
あるがままに、そのままに
迷いがなくなる

生徒たちへの講義が面白かった
でも、きっと以前の彼の講義は退屈だったんじゃない

ヨーロッパ映画のようで、割と淡々と
ブラックユーモアを交えつつ、シニカルに
暗くならないように
劇伴も抑えてあって、それも良かった

もし、自分の余命が半年だったら
どうするだろう?
リチャードのようにまずクソッを連発する!
どうして私がと!!!
そして、リチャードのように自分のしたい事をするのか?
それはどうなんだろう、、、

グッときて感動というより、しみじみ、ジワジワくる
それが私にはなんだかとても良かった

あまり最近見ない普通の人なんだけど
皆さん言うように、ジョニー・デップは渋カッコいい!

でも、ラストはちょっと、、、