wakachang

焼肉ドラゴンのwakachangのレビュー・感想・評価

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)
-
完成披露試写会で『焼肉ドラゴン』を。後半、ボロ泣き。お話も、役者さんもよくて。中でもキム・サンホさんとイ・ジョンウンさんがすばらしくて、すばらしくて。ふたりの人間力にやられた。ハン・ドンギュさんも印象的な役でした。

鄭義信さんが、自身の作・演出の舞台作品を映画化。初監督。舞台版とはまた違う、映像でしか出来ないことを手に入れてらした。在日コリアンの戦争体験や差別など、底に流れるテーマはとても重い。だけどユーモアも忘れずにあって。たくさんの人に見て欲しいなあ。

在日コリアンの一家のお話。でも、とても普遍性があって。家族の話、移民の話、ふるさとに帰れない人の話として、胸を打つものがある。あと、この作品が、いろんなことを知るきっかけになるといいな。そういう私も済州島のことは詳しくないので、これから知ろうと思う。

いまも日本は移民やよるべない人に冷たい国で。変わらないんだなあ…っていうのも思いました。

長女・真木よう子さん、次女・井上真央さん、三女・桜庭ななみさん。よいバランス。真木さんも井上さんもキャリアの中で、新しい挑戦かも。桜庭さんは韓国語のセリフも。アジア圏でこれから活躍しそう。大泉洋さんが自分で言ってたように、見たことのない大泉洋でした。

映画デビューの大江晋平君がセンシティブな役どころを。彼の痛みよ…(涙)。逃げ恥で知った大谷亮介さん、関西弁ネイティブなんですね。舞台中心に活躍しているイム・ヒチョルさんもよかった。宇野祥平さんが出演していて、小躍り。根岸季衣さんはさすが。場をさらう。

公開までに、まだ時間があるので。ぜひ、どこかで、がっつりキム・サンホさんとイ・ジョンウンさんのインタビューをお願いしたい。韓国の俳優さん好きの人にも注目してもらいたい作品。あと大泉洋さんとハン・ドンギュさんの対談もぜひ読みたい。