kassy

焼肉ドラゴンのkassyのレビュー・感想・評価

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)
3.3
完成披露試写会にて。

元となった舞台は数々の演劇賞を受賞され、再演を経て今回の映画化となった。

韓国出身の在日韓国人家族が経営する焼肉ドラゴンを舞台に、日本で奮闘する家族の姿が描かれる。

日韓の歴史的背景や故郷を亡くして帰るに帰れない移民の心境など、重たい事情が様々あるものの、家族はそれでも支え合いながら、笑いながら、怒りながら、泣きながら生きていく。

もしかしたら、登場人物達の全ての行動は理解しきれないかもしれない。
例えば長女の決断などは、現代からするとなんという決断なのだ、と思ったりしてしまうが、当時の時代背景からすると、希望に満ちたものだったのだと考えると、深く考えずにはいられないだろう…
理解までは難しくとも、知る事が大事。それがこの監督が日韓の時代を記録し続ける行動原理なのだろう。

監督は関西出身でとにかく笑いを入れたい方で、本作でもとにかく色んな箇所に散りばめられており、シリアスな場面でもオチには笑いが入ったりする。
個人的には、何もこんなところまで…と思う箇所もあったが、爆笑されている方も大勢いたので、ツボにハマれば面白いと思う。

映画監督作は初?だと思うが、少し画面構成の手数の貧弱さや、多用されるアップ、動きのない画面がどうも気になってしまった。
話はブツブツ切れるのに、細かいネタは長回しでなかなかカットしない歯切れの悪さが、体感時間を長く感じさせた。
話は面白いかもしれないが、演出が所々物足りなく感じる。映像畑の人が撮ったら、また違った印象だったかもしれない。

ロケの現代感と、セットの時代錯誤感の差がすごく、あのセットの街並みだけがすごく時代に取り残されている印象が強い。
あの街が理想郷であり、あの街に守られていた。だからこそ最後"彼"はあの街が好きと胸を張って言えたのだろう。
焼肉ドラゴンはその象徴であり、中心だった。