TAMA

焼肉ドラゴンのTAMAのレビュー・感想・評価

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)
2.8
完成披露試写会にて

舞台がモトと言うだけあって、舞台セットのような空間で進むストーリ展開。

役の一人一人の行動や決断が何故そこに至ったのかが理解し辛く、もう少し繊細な描写が欲しかったです。
役者さんは皆さんそれぞれが持ち味を発揮していらした気がします。

テーマがとても重いなか、笑いが随所に散りばめられていました。明日はきっとえぇ日になって欲しいですね。