とえ

焼肉ドラゴンのとえのレビュー・感想・評価

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)
3.5
面白かったなぁ
家族が全員、全身で感情を表現してぶつかりあっているのが
まさに、韓国人らしい愛情表現で、
日本が舞台なのに、そこは日本でなく、韓国のようで韓国じゃない感じがして
その異国感が面白かった

1969年から71年の高度成長期
万博開催に沸く関西の小さな町で、韓国人一家が経営する小さな焼肉屋「焼肉ドラゴン」を舞台に
そこで暮らす人々の悲喜こもごもを描く

これは、私が生まれる前の話だったので
そうか〜
この時代はこんな感じだったのかぁと思いながら観た

貧しいながらも細々と働きながら暮らす彼ら
時には感情をぶつけ合って衝突してはケンカをし
時には抱きしめあって慰め合い
時には酒を飲んで笑い合う

しかし
彼らが暮らす環境は厳しく
差別や偏見と戦い、それに抵抗してケンカし
中学生の末っ子は学校でイジメに遭ってしまう

それに彼らが暮らす地域は、国有地に建てられたバラックで
高度成長期の土地開発に伴い
役所から立ち退き命令がくだされてしまう

前半は、そんな厳しい環境でも、ともに衝突しながら支え合って暮らしているが
後半は、彼らがそれぞれの生きる道を選択する

高度成長期の裏で必死に生きていた彼らの存在を知り、
その後の彼らの選択には
日本人として切なくなってしまった

この時から50年が経とうとしていて日本は先進国になったけれど
彼らが住みたいと思う国になっただろうか
アボジに聞きたいなと思った