Aya

焼肉ドラゴンのAyaのレビュー・感想・評価

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)
3.4
高度成長期、関西にある小さな町にある韓国人一家が経営する焼肉ドラゴンが舞台のおはなし
時には感情をぶつけ合って喧嘩して、時には酒を飲んで笑い合う
彼らの暮らす環境は厳しく、差別や偏見にまみれていたけど力強く生きていた
まさかの展開もあり、いきなり泣かされました
在日韓国人とゆう題材、わたしにはちょっと理解できないところがあったなあ

立ち退きを迫る役所の職員演技がクソ、妹の元旦那と結婚して普通に接していられるなんてどうかしてる、長回しのカットが多いけど生かされてないと感じた、長い