koron

焼肉ドラゴンのkoronのレビュー・感想・評価

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)
3.5
高度成長期を異国の地で頑張る家族愛がよく表現されている。三人娘の恋愛について父親の理解ある判断は共感できる。最後家族はバラバラになるが両親の安心した顔つきが印象的。ちょっと笑えて、ちょっと泣けて、ちょっと考えさせられる作品です。