ねぎお

焼肉ドラゴンのねぎおのレビュー・感想・評価

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)
4.8
家族5人で観てきました。
「ちょっと話がわからなかった」という小4次男を除いて4人とも涙涙の感動でした。
笑いあり涙あり・・井上真央ちゃんが、いかにも韓国ドラマによく出るキレキレの爆発娘を熱演していて最高でした!
イ・ジョンウンさんのお母ちゃんもまた大阪によくいるおばちゃんっぽさもあり良かったです!


舞台「焼肉ドラゴン」が上演されていたことは知っていたんですが、観には行かなかったんですよね。で、今回経緯を調べてみたら日本の新国立劇場と韓国ソウル芸術の殿堂とのメモリアルとして、合同公演を行うにあたり、鄭義信(チョン・ウィシン)さんに制作の話が行った様子。
鄭義信さんというと、わたしが一番最初に認識したのが「月はどっちに出ている」(崔洋一監督)の脚本家として。でもどちらかと言うと演劇界での活躍が素晴らしい方。


時は流れていまや在日4世5世の時代。1世2世の苦労や生きた時代の話はだいぶ薄まってきたのでしょうか。
わたしの記憶では友達が顔を腫らして学校に来て、どうしたのか聞くと朝鮮高校に石投げてつかまってボコられたとか、そう、「パッチギ」の感じは残っていました。

タイトルを挙げた「月はどっちに出ている」「パッチギ」にしても日本での差別も描かれているものの、強くたくましく生きる人々が描き出されていると思います。
ヨン様や東方神起から韓流に興味を持った方々には、是非この機会に<在日の歴史>をちょっと覗いてほしいなと思います。