eto

焼肉ドラゴンのetoのレビュー・感想・評価

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)
4.2
かなりグッときた。「故郷は近い、だけどものすごい遠い」と話す長セリフ(韓国人キャストの日本語が素晴らしい) そのあと続く娘達には娘達の人生がある、幸せになってほしい。と、子を想う父の気持ちが温かい。
きれいな夕焼けの空や、舞う桜の花びらを見て、「たとえ昨日がどんなでも明日はきっとええ日になる」と希望を持ち続ける姿に涙。