さぼ

焼肉ドラゴンのさぼのレビュー・感想・評価

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)
3.9
映像の写実性と、セリフや演出の"演劇っぽさ"がどうしても噛み合わない。舞台では良い感じの照明で良い感じに決まる決め台詞だったりナレーションも、映画では浮いてしまう。映画の方がどうしても視覚的な情報量が増えて、リアルに、写実的になってしまうが故に、説明的に聞こえたり、クサく聞こえたり。
舞台の方が面白いんだろうと思った。

でも、一番裏切られたなと思ったのは、良い意味で、全然コメディじゃなかったこと。宣伝だけ見ててなんとなく明るい感じの作品なのかなという印象を受けてたけど("狭いながらも楽しい我が家"的な)、全然違った。ものすごい喧嘩して、ものすごいバタバタして、ごっちゃごちゃで、汚かった。よかった。綺麗じゃなかった。

大泉洋はじめとする俳優陣は秀逸。