りめんばーたまふる

焼肉ドラゴンのりめんばーたまふるのレビュー・感想・評価

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)
4.0
舞台向き、長回しが多いとかの評はあるけれども、最近の有名俳優が演じた映画の中では、俳優陣の熱量はズバ抜けてる。

【主人公はアボジとオモニ】
真木よう子さん、大泉洋さん、井上真央さんなど、日本人俳優の熱演にやられた。
そして、それ以上に父のキム・サンホさん、母のイ・ジョンウンの二人に喝采を送りたい。
特に父のキム・サンホさんは佇まいも含めてスゲエ! こういう父親像を演じられる俳優が日本にいるだろうか?


【どれだけ知ってたのか?】
在日の方々が差別されている。それは知識としては知っている。
しかし、これを観ると何にも知らなかった、と思った。
後日、在日の友人に学校のシーンを聞いたところ(友人は映画は未見)、自分の地域ではないけど、関西地区のほうは映画と同じようなことがあったと聞いたことがあると(もう本当にやめよう、そういうの)。
フィクションではあるが、昭和経済を支えたマイノリティの人々の生活史としても、大切な作品だと思う。