笑生

焼肉ドラゴンの笑生のレビュー・感想・評価

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)
3.5
韓国映画のテンションとソウルフルな演技で日本映画作ってみました!みたいな映画。とにかくやかましいくらいに喜怒哀楽が誇張されてるから、その芝居に好き嫌い分かれそう。井上真央の登場には「え、この人ずっとこのテンションでいきつづけんの?」って心配になるレベル。
この喜怒哀楽の激しさで最後まで突っ走ったって感じのストーリー。内容的には吉本新喜劇の悲劇濃いバージョンみたいな感じやったから、意外と馴染みのある展開で観やすい。作中の舞台が実家の近所ってことも興味深かったなー。伊丹空港の近所はこうやったんやと。
ちょっと気になったんは、色々テンポの悪い箇所がちらほら。マッコリバトルとかちょっと長すぎるし、ラストのあのクスッとできるくだりも長すぎる。最後のやつとかサクッとやってくれた方が心に残るんやけどなー。
でも総じて、笑って泣いて満足できる映画やと思う。