焼肉ドラゴンの作品情報・感想・評価

焼肉ドラゴン2018年製作の映画)

上映日:2018年06月22日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.6

あらすじ

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑…

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑ったり。店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも大賑わい。 “たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。 そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

「焼肉ドラゴン」に投稿された感想・評価

えみ

えみの感想・評価

3.8
かなり前に舞台をみたからしっかりとは覚えてないけど、凄く印象に残ってた作品で、映画化するって聞いて必ず見るって決めてた笑笑

お父さんが感情を爆発させるシーンが本当に凄かった。一番印象に残ってるシーン。
映画、映像というよりも演劇作品。

多分、ほとんどが舞台と一緒!
だからこそやっぱり舞台の方がいい、生で見たいとも思っちゃった。
人間らしくて好きです!
観終わってひとり焼肉しました
MOCI

MOCIの感想・評価

3.0
悲しくも必死に生きてきた人たちの物語。
彼(彼女)らのその後の人生が幸せであることを願わずにいられない。
役者達の熱い演技は迫力がありました。
人生って、この先どうなるかわからないものだから、親は子に幸せになってほしいと願う。
複雑な環境の中に暮らす人たちの、シンプルな願いの詰まった映画。

ちなみに隣で見た友人は、舞台の方がグッときたと言っていた。ま、映画より先に観たからね。
ひぽ

ひぽの感想・評価

4.0
高度経済成長期の日本、関西の片隅で焼肉店を営む家族の物語。

在日韓国人であることから受ける激しい差別や息苦しさを描いている。大泉洋の「血を憎みながらも韓国に恋い焦がれている」というセリフがすごく印象的で切なかった。
苦しい中でも、家族が笑ったり泣いたり罵り合いながら、最後は向き合って生きていく。その姿に心が暖かくなった。

キャストの関西弁に違和感を感じる時もあったけど、アボジ、オモニ役2人の演技は凄かった。
自然に涙が出てくるし、家族の絆を考えさせられる素敵な映画。
チセ

チセの感想・評価

3.5
ショッキングなとこもあったけどめちゃめちゃ泣いた。
親父さんの語りに惹き込まれた。
eny

enyの感想・評価

3.6
苛烈さ、激しさ、理不尽、忍耐。簡単に救いの有無という話に持っていって評じてはいけないと思う。
osowa

osowaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

お父ちゃん韓国語上手やなと思ったら、韓国の俳優さんやった。それも、何度か見たことある人。

ところどころ長回しがくどく感じる部分があった。

お父ちゃんもお母ちゃんも済州島出身のはずなのにソウル言葉でしたね。
この映画は在日韓国人家族の物語であるが、気がつけば観客も乱雑で騒がしい朝鮮部落の住民となり、ハラハラしながらも隣人としてこの家族を見守っている。

差別や貧困、悲しい出来事と悲劇に仕立てようと思えばいくらでも悲しい物語になるが、明日を信じてそれらを乗り越えて行く家族の姿に、エネルギーがもらえる。
その家族の中心であるアボジ(お父さん)とオモニ(お母さん)をベテラン韓国人俳優が演じるが、まぁなんと芝居の上手いことか。
万引き家族の安藤サクラに勝るとも劣らないホンモノを見せてくれる。いやホントに凄い役者だ。

そして、万引き家族では、あまり気にならなかったが、この映画では登場人物がその後どんな人生を歩んだのか、とても気なるのである。特に大泉洋演じる哲夫の人生が。
>|