焼肉ドラゴンの作品情報・感想・評価

焼肉ドラゴン2018年製作の映画)

上映日:2018年06月22日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.6

あらすじ

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑…

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑ったり。店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも大賑わい。 “たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。 そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

「焼肉ドラゴン」に投稿された感想・評価

誠治

誠治の感想・評価

4.0
劇作家・鄭義信による初監督作品。
演劇人らしく俳優の演技と台詞を大事にするあまり、やはり長回しが多かった。
舞台は未見だが、ほぼまんま映画化している様子が見受けられる。
リヤカーを引くロングの絵は映画ならでは!
唯一、大泉だけ違う役者だったらもっと面白かっただろうに…
韓国勢の両親二人は圧巻!
次女のキスシーンは熱い!女優として一皮剥けたか!?
na

naの感想・評価

3.5
内容ほとんど知らなくてキャストだけで観たから途中までみんな韓国人なの!?ってびっくりして字幕を追うのに必死であんまり面白さ感じられなかったけど後半は泣けた。。お父さんがとても良かった。寡黙だけれどちゃんとわかっててどっしりしてる感じとか、、最初は微妙かもって思ったけど、最後がとっても良くて。終わり良ければすべて良しっていう言葉があるように、最後の終わり方が良かったから、ああ良かったな良い映画だったなって思えた!ところどころにハハハって笑えるところがあって、だけど泣ける、みたいな。たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとええ日になる。って言葉がとても染みたよ。役者さんがたの演技が凄かった。井上真央ちゃん良かったなあ。お顔キレイすぎ好き。
Chonpe

Chonpeの感想・評価

-
日本の樹木希林さんバリに、「この人達…凄い。。」って思える役者さん達、皆、韓国の有名役者さんだった。お国を越えても、感じる凄まじい演技力。観る価値あり。
superasuka

superasukaの感想・評価

3.5
家族という閉塞感と愛憎。どうにもならんけど家族だから愛してるよ、っていう、無条件の愛が描かれていた。
父母役の二人がすごい。演じている、という見栄がまったくなかった。人間だった。
tkmcsk

tkmcskの感想・評価

-
家族の感動。辛いことがあるときって、笑えば笑うほど涙が出てくるけど結局いろんな人に支えられてきていることがわかって幸せを感じるのかな、

このレビューはネタバレを含みます

苦しくて、あったかい。
映画館全体がひとつの輪になってた気がした。
この状況で笑えるのはなぜ?って思ったけど、無理にでも笑っていないと生きていけなかったのかなって。本当に辛い時人は笑うか命を絶つかしかないのかもな、なんて感じた。
rie

rieの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

在日コリアンの方たちの事をまだ全然知らないんだなと思ったし、もっと知るべきだと思った。
キム・サンホとイ・ジョンホンがやっぱり別格に上手かった〜!
あ、真木よう子に求婚してた男の人も良かったな。
キム・サンホが時生をリヤカーに乗せて走るシーンが心に残って、時生が死なない道はなかったのか考えてしまうな…
ウィル

ウィルの感想・評価

4.3
記録の為
ike

ikeの感想・評価

3.0
記録
asuka

asukaの感想・評価

3.5
韓国映画やドラマでよく見かけるアジョシ、キムサンホ。家族を見守り、前向きに生きようとするアボジ好演。

困難と苦難、悲しみが幾度も押し寄せて来たアボジの人生。「娘たちにも娘たちの人生がある。自分の分も幸せになってほしい…」そう話すシーン、とてもよかった。(幸せの発音が「しわわせ」になってて、何だかそれが愛おしく、ほろっとさせる)


ここぞというシーンは顔アップ多くて気になった。アボジとオモニの韓国語での会話が関西弁字幕になっていたとこも気になって。コテコテ関西弁に変換しなくても…(詳しくはないけれど韓国語部分、標準語を話してたと思うし…違和感)
>|