焼肉ドラゴンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

焼肉ドラゴン2018年製作の映画)

上映日:2018年06月22日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

あらすじ

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑…

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑ったり。店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも大賑わい。 “たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。 そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

「焼肉ドラゴン」に投稿された感想・評価

あれがリアルなのか、生まれる前の話なのでわからないのだけど、とてもリアルに見えて辛い。
辛い現実を受け止め明るく過ごす家族に感動するし、ずっと冷静だったお父さんの最後の爆発に涙腺崩壊。
あれは尼あたりの話であってるのかな。空港が近いからあの辺かなーと思ったのだけど、時代背景など勉強したくなりました。
れい

れいの感想・評価

3.8
う~ん一体この映画は誰に向けて作られたのか?と思いながら観てた。理想はやはりあの姉妹も韓国の役者が演じた方が説得力があると思ったけど、日本語の壁もあるから難しいのか?それにしてもあの家族は姉が妹の旦那とデキても普通に暮らしてるのが凄い!息子を死なせた後の父親の葛藤と後悔はもっと掘り下げるべきだろう!あれは防げたのに・・
日韓の役者陣の芝居が素晴らしい
観るべき一本。

関西弁もうまいし、在日朝鮮人が必死に生きてきた姿をしっかり描きつつでも暗いストーリーではなく所々につい笑っちゃうお茶目な部分がちゃんとあるから家族が前向きに生きて行く姿が光って見える。

キム・サンホの最後の語りが心に沁みた

また必ず観る!
はま

はまの感想・評価

3.0
親子のビジュアルギャップは置いといて、両親役の演技がすごい。
ひっちゃかめっちゃかの家族だが、寡黙なお父さんの家族への深い愛が伝わって泣けた。井上真央は、最近いい子キャラが多かったけど、元々こういう跳ねっ返りというか、蓮っぱな感じが似合う人だったことを思いだした。
過酷な歴史の家族が、この後も決して楽ではないだろうな、と想像できて、切ない。
あられ

あられの感想・評価

4.5
宣伝不足!もっと沢山の人に観て欲しい映画です。コメディだと思って観に行ったらまさか泣く羽目に…やっぱ韓国の俳優さんは演技上手いですね。あと大江晋平くんの次回作気になる。
こんな感動して胸糞悪くなる映画はなかなかない。

これは、焼肉屋を営む在日朝鮮人一家が、高度経済成長期の日本でもがいていく物語だ。

家族構成は、父・母・娘3人・息子1人。父と母は再婚同士の結婚で、上の娘2人が父の子、もう1人が母の子、1人の息子は父と母が結婚してからの子供だ。
ただ、その時代、在日朝鮮人が日本で生きていくのは辛い。だが、そんな環境の中でも、明日に希望を持ち、明るく生き抜こうとした姿に心を打たれた。
この映画で一番感動したところはやはり、父が三女の旦那さんに向かって昔の話をしたシーンだ。父がどれだけ戦後を生き抜くのに苦労したかが分かる。『働いて働いて…』このたどたどしい日本語とともにロングカットで演出されるこのシーンはとても印象に残った。というか、ロングカット多いですよねこの映画。自分、ロングカット大好物なのでとても見応えがありました。


一番好きな静花夫婦ですね。過去から逃れ、結ばれた時は本当に感動しましたね。
ですが、この夫婦こそが、この映画の後味を非常に悪くしています。必見です。


とにかく、在日朝鮮人の帰還事業に対する憎しみが増しました。
ゆうこ

ゆうこの感想・評価

3.5
在日でない人が演じたり、そうでない人(自分)が観たりするから、なかなか入ってこなかった。ただ家族はいいなあと思った。父に会いたくなった。
僕は実家がイナイチ(国道171号線)沿いなんで、この作品の舞台となった集落は多分厳密には現存しないと思うけど、どんな雰囲気なところだったかは容易に想像出来る。それに思いを巡らすだけでこの作品は結構な味わいがある。
しかも、あの父さん母さんの味のある事。
そしてあの姉妹役達のここ数年の鬱憤を思いきしぶつけてくる役づくり。
そして何より、結婚してるのは妹となのに姉ちゃんの方が好きという関係性まで用意されてしまい、スルー不可能要素がここまで多いと、あまり細部は気にせずめっちゃ面白い作品という事でええのではないかと思う。
yoshiyoshi

yoshiyoshiの感想・評価

3.6
とても良くできた映画で、楽しめた。
演技者も演技がしっかりとしていて安心してみていられました。
特に韓国の俳優陣の父親役と母親役が素晴らしいです。
まわりの観客の皆さん泣いてました。
がしかし、私が偏っているのかな‥‥複雑な気持ちになって素直に感動できなかった‥‥
lp

lpの感想・評価

2.6
高度経済成長期の大阪の下町を舞台にした、在日韓国人の家族を描いたドラマ。

うーん、、、イマイチ。
「家族の繋がり」が最後に浮かび上がる構成ながら、そこに至るまでの各エピソード間の「繋がり」は弱く、そこに違和感を覚えた。単発のエピソードの内容自体は悪くないし、ラストも綺麗で良かったのだけれども、1本の映画としてまとまりが無いように感じてしまった。

一家の主である父親を演じたキム・サンホの演技は素晴らしい。少し片言の日本語で過去を独白するロングショットは今作の白眉。