焼肉ドラゴンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

焼肉ドラゴン2018年製作の映画)

上映日:2018年06月22日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

あらすじ

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑…

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑ったり。店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも大賑わい。 “たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。 そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

「焼肉ドラゴン」に投稿された感想・評価

チィ

チィの感想・評価

4.0
原作・脚本・監督を鄭義信監督が担っているからこそ、ストーリーを誰よりも理解し、展開の方法を知ってる画が取れる。

1つのセットを軸に描かれる物語は舞台的で、おこなわれる話は重く、重く、重い。けど笑って、笑って。終映後全く理解できなかったとの声も聞こえてきて、理解をその場でしちゃダメな作品だと思った。理解はできない。歴史的な重さも、在日的なつらさも詰まりながら人間的な無理だろという辛さものしかかってくる。まさか、キャラクターでおまえらどうなん?っていうモヤモヤを抱えるとは思わなかったけど、それも一種の演出で。ヤバイなと思いながら、それでも何故か笑ってしまう展開。思い返す度にスルメのように味が増してくる。いや、ほんと、どうなん?私だったらどうなんだろ、答えは出せない。

個人的にセットがとにかく凝りすぎて、驚いた。自転車が走りづらいセット!間違いない!実際に現代の家とは異なり出来はセットのような簡易さだと思うし、そこで行われる群像劇はフィクションだけどリアルだった。ラストの!ラストのラストの!あれは!唖然としてスクリーンをボケーっと眺めてしまった。圧巻。

焼肉は実はそんなに焼かない、酒呑みドラゴン。居酒屋に行きたくなるので午後以降に観ることをオススメ!
完成披露試写会で『焼肉ドラゴン』を。後半、ボロ泣き。お話も、役者さんもよくて。中でもキム・サンホさんとイ・ジョンウンさんがすばらしくて、すばらしくて。ふたりの人間力にやられた。ハン・ドンギュさんも印象的な役でした。

鄭義信さんが、自身の作・演出の舞台作品を映画化。初監督。舞台版とはまた違う、映像でしか出来ないことを手に入れてらした。在日コリアンの戦争体験や差別など、底に流れるテーマはとても重い。だけどユーモアも忘れずにあって。たくさんの人に見て欲しいなあ。

在日コリアンの一家のお話。でも、とても普遍性があって。家族の話、移民の話、ふるさとに帰れない人の話として、胸を打つものがある。あと、この作品が、いろんなことを知るきっかけになるといいな。そういう私も済州島のことは詳しくないので、これから知ろうと思う。

いまも日本は移民やよるべない人に冷たい国で。変わらないんだなあ…っていうのも思いました。

長女・真木よう子さん、次女・井上真央さん、三女・桜庭ななみさん。よいバランス。真木さんも井上さんもキャリアの中で、新しい挑戦かも。桜庭さんは韓国語のセリフも。アジア圏でこれから活躍しそう。大泉洋さんが自分で言ってたように、見たことのない大泉洋でした。

映画デビューの大江晋平君がセンシティブな役どころを。彼の痛みよ…(涙)。逃げ恥で知った大谷亮介さん、関西弁ネイティブなんですね。舞台中心に活躍しているイム・ヒチョルさんもよかった。宇野祥平さんが出演していて、小躍り。根岸季衣さんはさすが。場をさらう。

公開までに、まだ時間があるので。ぜひ、どこかで、がっつりキム・サンホさんとイ・ジョンウンさんのインタビューをお願いしたい。韓国の俳優さん好きの人にも注目してもらいたい作品。あと大泉洋さんとハン・ドンギュさんの対談もぜひ読みたい。
鄭義信さんが、数々の演劇賞に輝いた自らの人気戯曲を映画化した本作では、大阪で万国博覧会が開催された高度経済成長期の真っ只中、その繁栄とは無縁な地方都市の一角で小さな焼肉店を営む在日一家のドラマを通して、時代の流れの中で埋もれた人々の逞しい生き様や家族の強い絆が描かれる。
在日の再婚同士の夫婦・龍吉と英順は、夫々の連れ子である静花、梨花、美花という娘たちと長男・時生の6人暮らし。
世の中が好景気に湧く中、主人公たちを含めて周りに住む在日韓国人は時代の勢いに置き去りにされている。
この焼肉店一家は各々が悩みや葛藤、心の傷を抱えていて、物語が進むに連れ、それが浮き彫りにされる。
当時、私は東京下町の小学生だったこともあるが、通っていた学校の近くに朝鮮学校があったにも拘らず、何一つとして在日韓国人について知らなかったし、知ろうともしなかった。
本作を観て、当時の自分を振り返りながら、彼らが置かれた立場や状況が今になって初めて理解出来たような気がする。
そして、映画で何度か登場する言葉「たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる」を信じて前向きに頑張って生きていた人々の鼓動がスクリーンから伝わってきた。
私たち年代にはバブル経済期よりもはるか昔で朧げな記憶の時代だが、本作で笑いと涙を交えて描かれた在日一家の悲喜劇は、人々の持つバイタリティーや家族の強い繋がりを改めて感じさせてくれる。
Wonkavator

Wonkavatorの感想・評価

1.2
レベルの低い笑いと感動

劇場内には時折爆笑と啜り泣きが聞こえてくるんだけど、そういう人達には申し訳ないが、全く理解共感出来ず。

取ってつけたような記号だけを並べた薄っぺらい感動と、悪い意味で昭和的な置いてきぼりな欽ちゃんのような笑いなので、とにかく寒い。

舞台ではヒットしたような触れ込みだが、映画でもそのまま舞台丸出しな演出で撮って居るので、いちいちわざとらしく臭いのも更に一難。

登場人物の感情や行動に至るエピソードも非常に浅く説明不足な為、失笑ポイントだらけ。

例えが乱暴かもしれないけど、前戯が下手だから、挿入されても全然感じない。みたいなレベル。
悪い人じゃないんだけど、あっちの方は全くダメで相性合わないのよねえ〜。
みたいな感じ。


よくもお蔵入りにならず公開できたよなあ...

撮る人が撮ればもう少しマシになったんじゃないかな?
ヌルすぎる。
ゆり

ゆりの感想・評価

3.4
完成披露試写会

家族のあたたかさを感じる映画でした。また、面白い所シーンも沢山ありました。大泉洋さんのアドリブなのかなと感じました。
ちょっと長く感じたけれど、私が好きな作品かと言われるとそうではないけれど、でも観て嫌な気持ちにはなりませんでした。面白いとも違う気がするけれど、良かったです。
完成披露試写会(ニッショーホール)

在日韓国人の家族が、時代に翻弄されながら、泣いたり笑ったり時に怒ったり…
力強く生きていく姿が描かれている。

重いテーマだったが、思わず笑ってしまうシーンも多く、観やすい映画だった。

お父さんお母さん役の韓国の役者さんの演技には泣かされました。

見終わった後、映画の続きを「こうなったのかな?」と考えてしまいます。

何度か出てくる言葉が心に沁みます。
「たとえ昨日がどんなでも明日はきっとええ日になる」

家族のその後が幸せだった良いなぁと思わずにはいられません。
デデ

デデの感想・評価

1.5
泣かせにいってる感じが好みでない。
在日韓国人という設定自体にあまり感情移入できないんだけど、差別と貧乏、戦争の爪痕であとはハートウォーミングにしてくれればよかったけど、自閉症に自殺に脚が不自由なお姉さんと自分が好きじゃない男との結婚する次女、不倫三女とか、不幸エピ盛りすぎじゃない?
そしていちいちシーンが長ったらしく、途中なんどもだるっと感じてしまった。30分くらいカットしたらちょうどいいかな。

わざわざ映画化したのに、舞台演出から抜け出せていないのも気になった。シーンの繋ぎや、展開させるための不自然な人の出入りなどは舞台特有のもの。脚本を再考すべきだったし、セットのチープ加減もきつい。
|<