焼肉ドラゴンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

焼肉ドラゴン2018年製作の映画)

上映日:2018年06月22日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.6

あらすじ

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑…

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑ったり。店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも大賑わい。 “たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。 そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

「焼肉ドラゴン」に投稿された感想・評価

まつき

まつきの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・Twitterで熱い絶賛ツイートを見て、気になって観に行ってきた。すごくよかった。在日コリアンがなぜ大阪のあたりにいるのかとか調べて、そしたら朝鮮の分裂と、韓国の建国の歴史なんかも知れて、すごく勉強になった。『タクシー運転手』で描かれた光州事件が、なぜ起きたのかってことにもちょっとつながった。早速忘れかけてるけど…笑

・というわけで、政治・戦争・社会に翻弄された、大阪に住む在日コリアンの父と母、その家族の話。父は、ただただ家族のためだけに、働いて働いて生きてきた。しかし世間からの冷ややかな視線も貧しい生活も何一つ良くならない。そして最後には一家が離散するという。離散する先と、その未来のことを考えるとさらにきつい。とてもやりきれない話。

・立ち退きを迫る政府職員(だっけ?)はかなり性悪に描かれているけれど、日本人どうこうというより、彼らも結局は国のコマでしかないから。結局は、政治・戦争という、個人の力ではどうすることもできない、巨大な組織と時代のうねりのせい。私たちは、在日韓国人の方がその延長で日本にいることを理解した方がいいし、世の中がまた争いを始めようとしているのならば、それを止められるよう少しでも努めるべきだと思った。辛い思いをする人が、これ以上増えないように。

・戯曲の映画化なので、演技にも映像にも舞台演劇っぽさがにじんでる。登場人物の大半が「怒り」と「絶望」を抱えているので、感情表現の演技が強い方が効果的という意味で、表現方法としてやっぱり適しているような気がする。その一方で、手持ちカメラで人物アップで手ブレ演出、みたいな舞台には出来ないこともあって、うまく融合していると感じた。

・フラれた”たわし”の扱い方に、一瞬めちゃくちゃ引いたんだけど、その後ちゃんとフォローされてて安心した。ひやひやするわ!あの展開というか演出は、映画向きではないような気がする。笑

・対面する2人の人物を真横からのアングルでとらえ、その二人の間から奥にいる人物が見える、というショットがあった。最近よく見かけるなぁと思ったんだけど、ホン・サンス作品と、あと他にもあったと思う。で、本作では、マッコリの飲み比べシーンがそれに当たるんだけど、だいぶアドリブやらせてる気がした。真木よう子が普通に堪えきれなくて笑ってて、めっちゃキュンときた。笑
井上真央もどっかでそんな感じで笑ってたような気がする。

・井上真央の怒りの演技について、上述のツイートで絶賛されていたんだけど、確かに!花より男子を観なかった私にとって、井上真央といえば子役時代の「キッズウォー ざけんなよ」なので、そもそも怒りの演技で出てきた人ってイメージ。流石だよなあ
いい映画だなあ、お父ちゃんの長ゼリフもありきたりだけど、とても良い〜お父ちゃんとお母ちゃんの物語だねえ。たくさん笑って、たくさん泣いたお店〜!
暫定「今までで一番泣いた映画」

「在日」で繋がった家族の物語。
近い時期に観た「万引き家族」より心に残っている。

序盤の伏線の張り方は、安易な感じ。
中盤にかけて明らかになる家族の綻びも、想像の範囲内に収まる。

でも、終盤がとても良かった。
畳み掛けるように理不尽なことが起きる。
家族の形が変わっていく。
父(キム・サンホ)の苦労を想い、母(イ・ジョンウン)の不安を推し量るとあまりにも悔しくて、涙が止まらなかった。
前半部分の鑑賞中に感じていたがっかりポイントがどうでもよくなるくらい後半が良かった、ということで、高評価。
HIRO

HIROの感想・評価

3.9
タイトルだけどうにかしてくれれば最高
期待してなかったけど泣けた
東和樹

東和樹の感想・評価

4.5
在日の話。
コメディーも有りでとても面白い映画でした。
何度も涙が出そうになりました。
mokomoko

mokomokoの感想・評価

3.4
何があっても本気でぶつかり、本気で生きぬいてきた家族の姿を見ると、環境や境遇などで希望を捨てて生きること、これでいいんだと半ば諦めて生きていることが恥ずかしく思えてしまう映画となっている。メッセージ性が強い作品でした。

哲男が梨花と結婚した意味がわからないけど。

-STORY-
春夏秋冬、美しい四季の移ろいと共に描かれる、小さな家族の大きな歴史。
つらい過去は消えないけれど、例え昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる。
ちょっと期待外れでした。ストーリーもありきたりでしたし、余計な長回しのシーンが多くて疲れました。キム・サンホさんと真木よう子さんはとても良かったです。
na

naの感想・評価

3.5
内容ほとんど知らなくてキャストだけで観たから途中までみんな韓国人なの!?ってびっくりして字幕を追うのに必死であんまり面白さ感じられなかったけど後半は泣けた。。お父さんがとても良かった。寡黙だけれどちゃんとわかっててどっしりしてる感じとか、、最初は微妙かもって思ったけど、最後がとっても良くて。終わり良ければすべて良しっていう言葉があるように、最後の終わり方が良かったから、ああ良かったな良い映画だったなって思えた!ところどころにハハハって笑えるところがあって、だけど泣ける、みたいな。たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとええ日になる。って言葉がとても染みたよ。役者さんがたの演技が凄かった。井上真央ちゃん良かったなあ。お顔キレイすぎ好き。
Chonpe

Chonpeの感想・評価

3.8
日本の樹木希林さんバリに、「この人達…凄い。。」って思える役者さん達、皆、韓国の有名役者さんだった。お国を越えても、感じる凄まじい演技力。観る価値あり。
superasuka

superasukaの感想・評価

3.5
家族という閉塞感と愛憎。どうにもならんけど家族だから愛してるよ、っていう、無条件の愛が描かれていた。
父母役の二人がすごい。演じている、という見栄がまったくなかった。人間だった。