焼肉ドラゴンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

焼肉ドラゴン2018年製作の映画)

上映日:2018年06月22日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

あらすじ

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑…

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑ったり。店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも大賑わい。 “たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。 そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

「焼肉ドラゴン」に投稿された感想・評価

まるの

まるのの感想・評価

3.3
試写会で視聴

全ての人がいろんな想いを抱えながら精一杯生きているのをある一家に焦点を当て表現されていた。

観た後は色んな想いが駆け巡り一言では言い表せない。とても複雑な気持ちになった。
地球へ

地球への感想・評価

4.0
焼肉店を舞台とした、店主夫婦と4人の子供たちの物語

店主は韓国人で日本軍に徴兵されて片腕を失った、戦後に韓国に戻ろうとするが不運もあり帰国できず、妻も亡くなる。
そして韓国から故郷を失い逃げてきた女性と再婚、それぞれの連れ子(3人の娘)と2人の間に生まれた息子の6人家族となる。
スタートから自分たちではどうすることもできない大きな時代の波にのまれて、波乱の人生が続いている。
しかもお店がある土地は(家でもあるが)不法占拠した国有地、コリアンタウンと化した不法地帯。
この独特な土地で焼肉屋を営み、家族6人生活しています。
3人の娘もユニークです、長女は影があり、次女は短気で喜怒哀楽が激しい、三女はマイペース。
この3姉妹の悲喜こもごもな日常(一部はコメディ調)が続きます。
そして息子にも大きな問題があります。

平凡そうでありながら波乱万丈の家族の日常が延々と描かれています。
そして最後にもっと大きな事件も起こりますが、常に「明日は良くなる」と店主は信じて(ポジティブシンキング)力強く生きています。

平凡な日々ですが、祖国(韓国)が置かれている数々の複雑な世界的情勢の混乱が全て降りかかっているようです。
在日韓国人の特殊な立ち位置と、しかし強い人生観と家族の絆が描かれているように思われました。
歴史の勉強不足もあり十分には理解できない点もありましたが、コメディのような題名とは大きく異なる映画でした。

因みに大阪出身の小生には、関西が舞台で、あの土地は鶴橋(焼肉で有名)界隈なのだろうかと、そんな身近な感覚も持って観てました。


原作(舞台)は未観、監督トークショー付き試写会にて鑑賞。
監督の裏話が聴けて、観終わってからなるほどと思えるところがありました(Lucky)。
ragii

ragiiの感想・評価

3.8
試写会当選したから行ってきた

日本と韓国で活躍してる劇作家「鄭義信」さん、日韓で何度も再演されている人気の演目の実写映画化作品

元の舞台は全く知らなかったんだけど、なにこの豪華俳優陣、日本人キャストもすごいのに、韓国でバリバリ活躍してて、他作品でも良く見るイ・ジョンウンさん、キム・サンホさんも出てる!しかも日本語、関西弁話してる!!スゴイ!! もう演技が素晴らしくて素晴らしくて、冒頭から井上真央さんのチャキチャキな感じで足もおっ広げて下品な感じだったり、優しいイメージのキャラが多い中、トンがった役なのも良かったなー。優しい感じの役の方が好きだけど(笑)

舞台は1969年〜1971年の伊丹空港の周辺

元が舞台なので、場面はほとんど主人公たちが暮らす焼肉店の周りなんだけど、世界観がすごく伝わってきて…世界が広がった感じ

感動的な家族の物語だし、在日韓国朝鮮人の物語で社会的マイノリティを取り扱ってるので、色んな立場の人たちが共感できるはず。

独特の間の笑いが挟まれていて、確かに笑えるんだけど、個人的にそこでちょっとブレーキがかかってしまって、ちょっとだけノレなかったのが唯一の難点かな?

それでも観て良かった良作の1つ
れん

れんの感想・評価

3.1
各役者陣の演技はすごいし、想像以上に人間ドラマも濃く描かれていたけど、なぜか世界観に入り込めなかった…
試写会にて鑑賞。
有名舞台の映画ということで、場面転換はあまりなく家族のごたごた中心で話が進んで行きます。
韓国人の気質として、感情を素直に出すことによってちゃんと相手には伝わるし、もどかしい気持ちには一切なりませんでした。ここがいいところだなぁって思ったり、日本のドラマの言えよ、なんで言わないのよ、とかにはならない。ただ素直に伝えすぎて、大泉さんの役が女性には結構クズ男に感じるという笑。誠実、とはちょっと違う、よな。。。
思ったより、というか番宣で言っているよりも泣けて!笑える!って感じではなかった。どっちかと言うと、泣け!笑え!って演出が少し気になる感じでした。これはなっぱり少し演劇っぽい。どことは言わないですが、2組ずつ画面からはけていく様子はちょっと見ていて恥ずかしい。
真木よう子が良かった。明るい役をやるよりも、やっぱりぼそぼそとつっこみを入れる方が好きだな。
試写会で観ました。
情報あまり無しで行ったので、最初は戸惑いました。この時代、いろんな事があったんだなぁ、大変だったんだぁ。

悲しく、せつない事もあったが、それでも生きていくために働いて、働いて…。
涙あり笑いありのお話。
各役者さんの個性スゴイ
イオンシネマでの試写会。数年前に舞台を見た。細かい所は覚えてなかったが、所々、ああこんなシーンがあったなと。舞台でも韓国人の俳優と日本の俳優と在日韓国人の俳優が共演していて、でも違和感を感じた記憶は無かったが、映画では大
泉洋、真木よう子、井上真央などの巧いけど日本の俳優陣に若干の違和感を感じてしまった。でも途中からは気にならなくなったけど。
同年代、同じような地域を生きた者として言わせてもらうと、地域や店等雰囲気を出そうとしてるけど、綺麗過ぎる!もっともっとくたびれた汚い雰囲気を出してほしかった。

劇場 No.100
試写会にて。

1969年の大阪のどこか...時は春。
高度成長から取り残された街にある’焼肉ドラゴン’では、三姉妹の次女・梨花(井上真央)と哲男(大泉洋)との結婚祝いが開かれようとしていたが、婚姻届の提出をめぐるいざこざで宴席がとんでもないことに...

在日コリアン夫婦の龍吉と英順はともに再婚同士。
長女・静花(真木よう子)、次女・梨花は龍吉の連れ子。
三女・美花(桜庭ななみ)は英順の連れ子。
さらに、二人の実の子である時生がいる。
ちょっとずつ血が繋がり、ちょっとずつ繋がっていない家族が繰り広げる人情ドラマです。

物語は姉妹と哲男、そして末っ子の中学生が抱える問題を軸に展開します。
また、全編を通して焼肉ドラゴンに集ってくる常連さんたちとのハートフルな交流も描かれていて、全く飽きることがありませんでした。
さらに、国有地からの立ち退きのため、焼肉ドラゴンが窮地に...

果たして、どのような運命が彼らを待ちうけているのか?
そして‘焼肉ドラゴン’はどうなるのか?

主演の真木よう子さんの演技さすがですね。
また大泉洋さんの凄みのある関西弁をまくし立てての演技も見ものでしょう。
昭和を彩った流行歌も登場し懐メロの世界でした。

そして、とても悲しいエピソードもあるのですが、それをもろともせずに乗り越えて行く在日コリアンの父ちゃん母ちゃんにパワーをもらいました。

家族の絆に勝るものはないと感じさせる作品でした。
MinoruAbe

MinoruAbeの感想・評価

3.5
主演のキムサンホの圧倒的な存在感。
在日韓国人、戦争、差別、北朝鮮‥‥
現在のモヤモヤしていることがこの映画に描かれている。
TOMO.H

TOMO.Hの感想・評価

3.1
こんな家族ありえるのか?そして予想外に泣けない!?が重なって、期待してたのと少し違った。