焼肉ドラゴンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

焼肉ドラゴン2018年製作の映画)

上映日:2018年06月22日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「焼肉ドラゴン」に投稿された感想・評価

ちょっと期待外れでした。ストーリーもありきたりでしたし、余計な長回しのシーンが多くて疲れました。キム・サンホさんと真木よう子さんはとても良かったです。
na

naの感想・評価

3.5
内容ほとんど知らなくてキャストだけで観たから途中までみんな韓国人なの!?ってびっくりして字幕を追うのに必死であんまり面白さ感じられなかったけど後半は泣けた。。お父さんがとても良かった。寡黙だけれどちゃんとわかっててどっしりしてる感じとか、、最初は微妙かもって思ったけど、最後がとっても良くて。終わり良ければすべて良しっていう言葉があるように、最後の終わり方が良かったから、ああ良かったな良い映画だったなって思えた!ところどころにハハハって笑えるところがあって、だけど泣ける、みたいな。たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとええ日になる。って言葉がとても染みたよ。役者さんがたの演技が凄かった。井上真央ちゃん良かったなあ。お顔キレイすぎ好き。
Chonpe

Chonpeの感想・評価

3.8
日本の樹木希林さんバリに、「この人達…凄い。。」って思える役者さん達、皆、韓国の有名役者さんだった。お国を越えても、感じる凄まじい演技力。観る価値あり。
superasuka

superasukaの感想・評価

3.5
家族という閉塞感と愛憎。どうにもならんけど家族だから愛してるよ、っていう、無条件の愛が描かれていた。
父母役の二人がすごい。演じている、という見栄がまったくなかった。人間だった。
tkmcsk

tkmcskの感想・評価

-
家族の感動。辛いことがあるときって、笑えば笑うほど涙が出てくるけど結局いろんな人に支えられてきていることがわかって幸せを感じるのかな、

このレビューはネタバレを含みます

苦しくて、あったかい。
映画館全体がひとつの輪になってた気がした。
この状況で笑えるのはなぜ?って思ったけど、無理にでも笑っていないと生きていけなかったのかなって。本当に辛い時人は笑うか命を絶つかしかないのかもな、なんて感じた。
nogsing

nogsingの感想・評価

3.8
泣いた、いや泣いた。とても胸に迫る物語でした。

家族愛は普遍。僕はかつて家族の愛情に飢えていた口だけど、だからこそかえってグッと来てしまった。

癖のある俳優陣によるドタバタ人情劇。ほぼ色恋沙汰なのが少々気になったけれど、却ってリアルなんじゃないだろうか。

今年は「家族」テーマの作品に良作が多い印象。何か今の世相を表しているのかな。家族を含め、人との関係性が希薄に感じられる今の世を。

愛する人をあらためて大切にしたくなる良作でした。
rie

rieの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

在日コリアンの方たちの事をまだ全然知らないんだなと思ったし、もっと知るべきだと思った。
キム・サンホとイ・ジョンホンがやっぱり別格に上手かった〜!
あ、真木よう子に求婚してた男の人も良かったな。
キム・サンホが時生をリヤカーに乗せて走るシーンが心に残って、時生が死なない道はなかったのか考えてしまうな…
asuka

asukaの感想・評価

3.5
韓国映画やドラマでよく見かけるアジョシ、キムサンホ。家族を見守り、前向きに生きようとするアボジ好演。

困難と苦難、悲しみが幾度も押し寄せて来たアボジの人生。「娘たちにも娘たちの人生がある。自分の分も幸せになってほしい…」そう話すシーン、とてもよかった。(幸せの発音が「しわわせ」になってて、何だかそれが愛おしく、ほろっとさせる)


ここぞというシーンは顔アップ多くて気になった。アボジとオモニの韓国語での会話が関西弁字幕になっていたとこも気になって。コテコテ関西弁に変換しなくても…(詳しくはないけれど韓国語部分、標準語を話してたと思うし…違和感)
TAKA

TAKAの感想・評価

4.4
2018-127-112-015
2018.7.17 TC日比谷 Scr.10

この世界の片隅にと同様、
本作もみんなが観るべき作品でしょう。
少なくとも日本人全員。

・三丁目の夕日と同じ頃、関西で
・明るく生きること(^_^)
・人間の心の普遍性

観に行って良かった。
心からそう思える作品でした。(^_^)

東京では東京オリンピック、
関西では万国博覧会開催で
世の中みんなお祭り騒ぎだった頃。
貧しくても皆の笑顔が輝いていた
そんな時代のお話(^_^)。

まさしくAlways三丁目の夕日と同じ頃に関西で起こっていたこと。
三丁目の夕日と同時進行の物語。

戦時中に日本軍に強制連行されてきた韓国人と、その子供世代(在日2世)のお話。

笑顔が弾ける♪(* ̄∇ ̄)ノ
喧嘩は凄い!!(゜ロ゜ノ)ノ!?
貧しくとも明るく強く日々を生きる人達(^_^)
爆笑しちゃいますヾ(≧∀≦*)ノ〃

三丁目の夕日と何ら変わりありません。
笑いながら暮らせるって、素敵なことです(^_^)

そんな家族の笑顔に影を落とすもの
差別やいじめ。

だけど、
本作で描きたかったのはそこではなくて

明るく前向きに元気に生きていくこと
(^_^)
「こんな綺麗な夕陽をみると、明日はいい日だって信じられる」

大声で笑って泣いて喧嘩して
日々を元気に生きていくこと。
明日を信じて。
その尊さを信じられたら
幸せに生きていける。
何もかも乗り越えて。

そうやって生きていくしかないのだから。
難しいけどね。
(^_^)

綺麗ごとだけじゃない現実ものし掛かる。だけど、
「働いて働いて働いて・・・」
お父さんの朴訥な言葉が沁みる。

耐えられぬ哀しみと怒り
「返せ!」
お父さんの慟哭が心に刺さる

だけど人間は生きてる限り
明日を信じて生きるしかないんだよね。
ならば
笑って生きていきたいな(^_^)
そうやって強く生きてこうって、
メッセージを感じました(^_^)

そしてもう一つ感じたのは
当たり前のことだけど、人間の心の普遍性かな。
イベントとしては差別問題が多いのだけど、描かれてるのは普遍的な人間の姿だったかなと思う(^_^)
当たり前のことだけど、
当たり前がいいなって感じられてしまうような悲しい歴史や現実があるのも事実。

日本の若者が戦時中の日本軍による韓国人強制連行を知らなくて、韓国の方が悲しく感じられたって記事を読んだことがあります。

事実は事実として認識しておくべきでしょう。
無駄に相手を傷付けない為にも。

事実や悲劇を知って、同じこと繰り返さないように努力すること。
とても大切なことで、
それも前を向いて生きていくってことだと思います。

もとは舞台らしいですね?
群像劇なんで、登場人物が現れたり消えたりちょっと散漫だったかもf(^_^;(苦笑)
本作も連ドラ向きなのかもしれませんね。

キャストも皆さん好演(^_^)
特にお父さんとお母さん、素晴らしかったな。
もしかしたら本当の主役はお母さんだったのかな?なんて思えてきます。

オススメです(^_^)