焼肉ドラゴンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

焼肉ドラゴン2018年製作の映画)

上映日:2018年06月22日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.6

あらすじ

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑…

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑ったり。店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも大賑わい。 “たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。 そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

「焼肉ドラゴン」に投稿された感想・評価

Marrison

Marrisonの感想・評価

3.5
面白かった方かな。最後まで飽きずに観れた。が、、、、「昭和中期の大阪」のリアリティーがたぶん足りてないために、モヤった。下っ手くそすぎる関西弁とか。
大泉洋さんひとりが「ほれ、俺だけはペラッペラやで~。そんで巧い演技しとるで~っ」とキッタナい喋りと演劇“立派”色を強調してたのも、かえって忌ま忌ましかった。どさくさにまぎれて彼は真木よう子さんの胸に顔を長時間押しつけてたね、逮捕!
事実上の主演である長女役・真木さんのいるシーンの大半は、彼女の尖った胸を必ず画内に収めてた。てか、撮影者の意図じゃなく勝手にそのパーツの方がいつもいつも入り込んじゃってた感。顔のアップがほとんどなかった一方で、何か異様。服装が関係?
元々自然人間じゃなく人造容姿の(それが悪いとはいわないけど)彼女が、本作では足を常に引きずって身を鳩胸的にこわばらせてるせいもあってガリガリ&バスティーで本当にFRP製みたいで、視てる私まで乳が痛くなってきちゃったよ。。。。
(ちなみに、今まで本気で夢中になったTV連続ドラマのわがベスト5に入ってる『龍馬伝』『わたしたちの教科書』の2作で真木さんが重要助演。とっても気になる女優さんの一人ではある。だから誹謗は自粛。既に書いてる? 笑)
大泉さんは(この人も『龍馬伝』には出てたっけ)役柄上も俳優としてもやっぱりやんなる~(怒)。
彼と恋敵役の一気飲み対決を見守る真木さんの無表情と表情と動きが楽しかった(愛)。それと、低い威嚇声で突如っぽくまくしたてる抗議の演技がいつもながら彼女の見せ場。

そしてどっかで見た顔、の三女は桜庭ななみちゃん。焼酎のCMとかでやたらめったらイイコ見えしてた羨ましい彼女だけど、映画女優としてはまだまだ今後の人。真木さんの存在感の陰で「その他大勢」の一人にすぎませんでした。
次女役・井上真央さんは損キレキャラをまあまあ好演。でも、ね、、、やっぱり娘三人とも、在日朝鮮人リアリティー(父母役の韓国人俳優らとの血のつながり感)があるわけじゃない。
人物相関図自体はたぶん最っ高だったけど。
結局、そういう邪魔者たち(笑)がみんないなくなっての老夫婦水入らずのリヤカー(&倒壊)ラストだけが、大拍手に値する。

でさ、ストーリーはこのままで、監督を蔡明亮がやってセリフ総量を(当然)五千分の一ぐらいに減らせば、傑作になったと思う。
もうあと少し制作時期が早ければ、長女役は安田成美さん以外いないよね。(少しじゃないか。。)

あと、橋だけど、あんな低さで人は死ねる?



余談。何となく松屋でお腹いっぱい食べてから映画館へ。女お一人様で牛丼屋に入るなんて大丈夫かな、捕って喰われやしないかな、と案じたけど考えすぎだった(馬鹿笑)。みんな淡々と注文して食べてた。女性客もいた。松屋また入ろうっと。。

このレビューはネタバレを含みます

映画中ボロ泣きして映画館からなかなか出れませんでした😿
笑えるところもあります。
ここ最近見た映画の中で一番好きです。

私も曽祖父が韓国人で、このような話を聞きました。
時生と同じよう、「キムチ」とからかわれたこともあるそうです。



大泉洋がクソすぎたし、
時生が死んじゃうのも辛かったです。
いつみ

いつみの感想・評価

3.8
お父さん役のキム・サンホとお母さん役のイ・ジョンウンがとにかくすっごく良かった。

高度経済成長期における在日朝鮮人の方々の厳しい立場と葛藤、お父さんの想いに泣かされました。

時折挟まれるコメディパートがあんまり面白いと感じなくてちょっと残念でした。

最後の最後のあの夫婦のやりとりは本当に大好きです。
力強く生き抜いていく覚悟を感じて熱くなりました。
いまだ

いまだの感想・評価

3.7
生き様が力強く、気位が高い。
国籍は形式に過ぎない。

2018夏休み4本目
猫

猫の感想・評価

3.4
ちょっと思っていたのと違う映画だった。
(予告ほとんど観ず、前情報入れてません)
てっきり
大泉さんがメインの映画だと思っていました………

お父さんとお母さんが凄い。
完全に日本の役者さんが食われていたような気がします。
在日朝鮮人が何故いるのか?
ヘイトする人達は勉強すべきです。

ただこの映画、
あまり彼らが働くシーンや、
隣人との掛け合いや
日本の社会生活がなかったのが残念です。

息子のことは父のせいでもあると、私は思いました。

 2018.7.11 TOHO シネマズ名古屋ベイシティにて鑑賞
義信さんの脚本。
舞台、焼肉ドラゴンを映画化した作品です。舞台での衝撃的な結末を第ニ幕に持ってきたことにより、より家族愛と祖国を思う気持ちとこの場所(日本)で生きていかなければならないという強い思いが描かれていたと思います。舞台を先に見ているので、舞台のが好きではあります。
tihiroー

tihiroーの感想・評価

3.7
真木よう子が好きです‼️

内容は消化出来ない部分が多かったです。
在日韓国人だからと私自身は偏見があるつもりは無いのですが、逆に悲惨にさせすぎて観ているのが辛かったです。。。

合間合間に笑いが多く、楽しんで観れました。時代を知っているおじさん達の笑い声が少し気になりましたが、許容範囲内です‼️
娘達が可愛くなかったら感情移入はしにくかっただろうなぁ…。
滑り込みで見れた!シネマート新宿にて。
鄭義信が監督、脚本をやっただけに完璧だった。
20180710「焼肉ドラゴン」TOHO日比谷
未舗装の地面 引きずる足音 共同水場 弾ける水音 バラック トタン屋根を踏みしめる音 ホルモンの焼ける音 けむり 頭づきの当たる音
ここでしか生きてゆけないから働いて働いて働いて働いて
えぐられる悲しみからまた這い上がる
鄭義信の本来の世界観が舞台よりもリアルに再現されていたのかな?良い作品だけど舞台では隠せる描写がダイレクトで辛さが残った。あのシーンは必要だったのかな?
#焼肉ドラゴン
あれだけ人間関係複雑になっても誰も家族をやめない
どんなにこじれても、辛いことがあっても、叫んでぶつかって、最後には「焼肉ドラゴン」に帰ってくる

だからこそ在日差別でいじめられた年生の死や、日本人の勝手で強制された焼肉ドラゴンの立ち退きも、あまりに理不尽で心無い仕打ちで、アボジやオッパの激昂に涙が出た。