焼肉ドラゴンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

焼肉ドラゴン2018年製作の映画)

上映日:2018年06月22日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.6

あらすじ

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑…

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑ったり。店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも大賑わい。 “たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。 そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

「焼肉ドラゴン」に投稿された感想・評価

まぁ、しっかりまとまっていて大泉洋のダメ男っぷりの演技も良くて終盤のお父さんの話に少し感動したりして退屈せずに面白く観れました。
ただ、とても感動したりはなくイマイチ話に乗れないところがありました。
大泉洋の演技はよかったけどそれでもこの男はダメ男すぎてついていけなかったし、登場人物たちの行動に理解できないところがあって感情移入ができませんでした。
あとは特に説明とかがなかったのでこの家族の置かれている状況があまり理解できず、その辺がもう少し分かればこの話に入り込めたのではないかなと思います。
なんか惜しい作品でした。
Mathew

Mathewの感想・評価

-
亀の子たわしが報われない。

「古い話をしてもええですか」からの長回し台詞シーン、魂揺さぶられるほどの落涙
井筒和幸監督の「パッチギ!」とほぼ同時代を舞台にした物語だが、あちらの場所が京都なら、こちらは大阪。飛行機の発着が頻繁なため、おそらく伊丹空港の近くだと思われるが、その猥雑な街で焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む一家の年代記。劇作家・演出家の鄭義信が、自身の同名の人気戯曲を自ら監督を務め。映画化。高度成長からは取り残されつつある人々の悲喜こもごもの暮らしを描いていく。

「ALWAYS 三丁目の夕日」を思わせる世界が、大阪という地に場所を移して、人情ドラマが繰り広げられる。タイトルに「焼肉」とは入ってはいるが、あまりそれそのものとしては登場しない。一家は父と母、そして3姉妹に末っ子の長男の6人家族。このほかにも、焼肉店に出入りする人々の人間模様が描かれている。いちおうは北朝鮮に「還る」ことになる長女の静花(真木よう子)とその幼馴染の哲男(大泉洋)が物語のメインの登場人物となるが、舞台劇からの移行してきた作品のためか、その他の登場人物も色濃く絡む。ことさらノスタルジックな映像にこだわっているが、はっきり効果があらわれているとは言い難い。なにか時代を象徴する風景があれば別なのだが。やはり、そのあたりの映像に対する感覚は舞台演出家のそれなのかもしれない。
jerry

jerryの感想・評価

-
うわーイマイチー。
韓国の役者たちが良かっただけに日本の役者たちが今ひとつで勿体無い。あ、宇野祥平は良かったです。
yunohana

yunohanaの感想・評価

3.0
アボジ、オモニのキャスティング知って見なくてはと思ったけれど。
『Always三丁目の夕日』の裏バージョンって印象。
これは在日ものというより家族の話。在日要素はとてもライトに感じた。若い人たちに見てもらいやすくしたのかな。
笑って泣いてのタイミングが忙しいせいで、感情移入しづらく盛り上がりにかけるのが残念。

アボジ、オモニはいつもながら一級演技。
大泉洋はダメ男すぎてイライラする。喋るだけでイライラする。いい仕事してるわ。
そして大谷亮平に韓国語を喋らせないという無駄遣い。なぜだ。
お父さんお母さんの演技に胸を打たれた。
最後が映画!て感じだったけど、中盤の色々がしんどかった、、だから終わり方は素直に嬉しい。
理不尽、希望、家族
destiny

destinyの感想・評価

2.9
うーん
ちょっと期待しすぎだからなのか
俳優陣は演技派だし
大好きな大泉さん
面白いといえば面白いんだけど
引き込まれる感はあまりなかった

誰かも書いてるけど
なんだか綺麗すぎ...

えぇ!その描写いる?とか
ふーんそうしちゃうんだとか
感情移入できない感じ...
なんか全体的に勿体無い感じでしたねぇ

唯一お父さんの腕を返せってところと
昔話のところは
切なくて泣けた。ただただ泣けた
おもろそう感はめっちゃあるのに、7割くらい面白くない。
最後だけようやく盛り上がったけどもっと序盤から欲しかった。

三姉妹が美人すぎる。
Xiangzi

Xiangziの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

済州ってもっと訛ってなかった?なんて無粋なことも思いましたが、そんなことはどうでもよく、ほんのりと済州島四・三事件のことにも触れながら日本に住むことになった理由を話すキムサンホに泣かされました。関西弁の字幕も新鮮で流れる音楽も多様で素敵。監督ご自身も実際に姫路のバラック街出身で、お父様の言葉が散りばめられているそう。いろんな人に見てもらいたいな。大谷亮平もっと韓国語を話すかと思いきや全然話さなかったのも面白かったです。
憧花火

憧花火の感想・評価

3.9
熱さもエグさも唐突感も含めて、"映画体験"の醍醐味が詰まっていた。

リアリティを求めるばかりが良作な人間ドラマではない。自分とは隣合わない世界を見て、笑ったり、泣いたり、理解できなかったり。そんな作品だった。