焼肉ドラゴンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

焼肉ドラゴン2018年製作の映画)

上映日:2018年06月22日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

あらすじ

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑…

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑ったり。店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも大賑わい。 “たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。 そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

「焼肉ドラゴン」に投稿された感想・評価

くう

くうの感想・評価

3.0
試写会。

もっと軽いコメディ寄りの話なのかと思っていたのだが(大泉洋ちゃんのせいで(笑))意外なくらい切ない戦後在日コリアン一家の物語だった。

国に帰れず住んでいる国からは疎外され働いて働いて……太平洋戦争から済州島四・三事件まで、お父さんの話が辛い。

笑いに関しては個人的にはちょっと消化不足。大泉洋ちゃんが絡む恋愛関係の話は、ただただクズだなって(長いし・笑)。

集中して見ることが出来たのは後半。
歴史が絡む話は辛い。
ただただ娘たちを見守ってきた寡黙なお父さんに幸せになってもらいたい 。

演技演出は全体的に韓ドラ風味。真木さんも井上真央さんも桜庭ななみさんも、上手い!

特に桜庭ななみさんは表情豊かに二か国語操る末娘を明るく可愛く演じて魅力的。
えし

えしの感想・評価

2.8
1970年のこんにちは。

大阪万博の開催された年の前年、関西の地方都市の小さな焼肉屋。
店主は戦争で左腕を失い、故郷である半島を去り、家族6人貧しいながらも生き生きと暮らしていた。そんな中、親子と子ども4人はそれぞれ様々な事に巻き込まれる。

試写会が始まる前の予想、最後どうなるかは想像通り。
まぁそうにしかならんよなぁという話。
エピソードの話自体は面白くなくはないけれど、映画一本の筋として面白い映画と問われればノーというしかないかな。

豊中市寄りの伊丹市の不法占拠在日朝鮮コミュニティの話なので、感情移入せぇと言われてもちょっと厳しい。
結局は日本への恨みつらみやんけ、戦争というどうにもならん事以外は自業自得としか思えない出来事じゃないかなぁ。

偽ノ内こと大谷亮平の役は好き。

関西テレビなんでもアリーナ、真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、監督舞台挨拶。
桜庭ななみの色の白さ可愛さが異常。
clala35

clala35の感想・評価

2.5
事前情報無しで鑑賞しました。
ポスターでは大泉洋さんと井上真央さんがセンターに座っているので、ふたりがメインなのかと思いきやそんなことはありません。様々な人物のストーリーが描かれています。

ざっくりいうと三姉妹の恋愛話なのですが、どこをとってもオーバーというか「やりすぎ」「過激すぎ」。以前放送していたのドラマ『若者たち 2014』を彷彿とさせました。また、いかにも舞台のシナリオをそのまま映像にした感じで、中々映画に入り込めませんでした。

特筆すべきは井上真央さんの演技力。強がりで健気な女の子を体当たりで演じお見事でした。それに比べて、真木よう子さんの演技はイマイチ。カタコトの日本語が役作りなのか、素なのか、最後までわかりませんでした。

笑って泣いて何も考えずに楽しめる映画だと思います。
情けない人たちの情けない映画。
それでも、情けなくとも、先に進まなければいけない。

素人目から見ても完成度が高いとはいえないけれど、そういった粗さもこの映画の魅力にしてしまう。

重いテーマではあるけれど、かなり笑えます。なんというか、幸せな笑いでした。

この映画は苦労するんだろうな。
内容を見ないで設定だけで批判する人もでてくるだろうし、それを批判する人が現れてその内理由関係なく酷評する人を批判する可能性も考えられるし。

でもそれこそこの映画なのかもしれませんね。そういったことを笑い飛ばせたら良いですよね。
emi

emiの感想・評価

3.9
試写会に行って来ました。
笑った。笑った。
最初は子供達のストーリー。
父親の気持ち。母親の思いの深さに感動。
息子の葛藤する気持ち…次々に涙が流れる。

『世間一般をつれてこい!』
『昨日がどうであれ、、、、、明日はきっと✨』

物静かな父の言葉に胸が苦しくなりました。

最後の最後まで笑わせてくれる物語で笑顔で会場を出ることができました。


どんな洋ちゃんも大好きだ(笑)!
アボジとオモニの演技に引き込まれる、日本と韓国の歴史を少し知れた作品。
toppe

toppeの感想・評価

3.5
大泉洋とタイトルから爆笑コメディを予想したら、在日韓国人家族の試練と悲哀と人情を韓国目線で描いた映画でした。韓国で大ヒットした舞台が原作だそうですが、日本人目線だと多少の違和感を感じてしまい最後まで泣けませんでした。それにしても、大泉洋は何を演らせても上手ですね。何らかの理由で故郷に戻れない人には、この映画で共振現象が生まれるかも?
韓国俳優に主役持っていかれた感ある映画でした。韓ドラでおなじみのキム・サンホがいい味出してる。

以前、アン・ミカさんが「自分は小さい頃、在日韓国人で貧乏でいじめられた」とTVで言っていたのを思い出しました。劇中で3姉妹はそれぞれ強く生きていたのに…息子は可哀そうでした。

日本映画というより韓国映画を見ていたような、我々の知らない在日韓国人の戦争を挟んで日本の高度成長や朝鮮戦争と隣国の歴史の一コマをみている映画でした。

このレビューはネタバレを含みます

きっと明日はいい日だ。どんな昨日であったとしても。

高度成長の狭間に放置された、大阪府伊丹付近にボロ屋を構える在日朝鮮人家族の結婚から強制退去までを描いたモードムービー。
序盤のナレーターの大阪言葉に違和感を覚え、これ大丈夫か!? となったが、直後の井上真央の完璧な大阪弁を聞いて安心した。

これはお国柄なのだろうか。
喧嘩シーンがいちいち大騒ぎだ。それはそれで面白いが日本との違いがすごく目立った。
また、なんだろう、価値観の違いが目立つ。井上真央が早々に大泉洋ではなく、優しくしてくれる人になびくのも違和感があった。
まぁ、大泉洋がぐうの音の出ないほど屑なのでわからなくもないが……というものすごい異文化体験だった。

そして、当時の人々の苦痛がひしひしと伝わってきた。嫌なら帰ればいいだろ! と言われがちだが、この頃の人々は帰ることができないということを知った。
そして、早々に日本で生きて行くことを決意し、日本流に馴染もうとしているのに非情な現実がそれをゆるさない。時夫のキャラクターが、その象徴として現れている。いやー…救いはないんでしょうかね。
だが、徹底したシリアスでもあるのだが、凄まじいコメディ作品でもあるのだ。
4兄弟のお母さんがただただ面白い。
片言の日本語ではあるが、その演技は大阪のおばちゃん然としており、何度も映画館が湧いた。
また、クズ野郎役でも大泉洋はいい。時折素の大泉洋が露見する時があったりして、観てて飽きなかった。

だが、各シーンを長めに撮影するものだから体感としてはかなり長い映画に感じられた。
映画としては素晴らしい、僕は好きなだが残念でならなかった。
かろうじて、役者の名演で救われたというべきだろうか。
筍

筍の感想・評価

3.0
やはり舞台の方が向いている作品ってあるんですね。「焼肉ドラゴン」はまさにそんな作品でした。映画でも決して楽しめない訳じゃないけど、会話劇というのは舞台でこそ生える。
韓国人の名物キャラ、キム・サンウさんのcastingはホッコリした。この夫婦は味がありました。