焼肉ドラゴンの作品情報・感想・評価 - 8ページ目

焼肉ドラゴン2018年製作の映画)

上映日:2018年06月22日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

あらすじ

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑…

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑ったり。店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも大賑わい。 “たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。 そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

「焼肉ドラゴン」に投稿された感想・評価

とえ

とえの感想・評価

3.5
面白かったなぁ
家族が全員、全身で感情を表現してぶつかりあっているのが
まさに、韓国人らしい愛情表現で、
日本が舞台なのに、そこは日本でなく、韓国のようで韓国じゃない感じがして
その異国感が面白かった

1969年から71年の高度成長期
万博開催に沸く関西の小さな町で、韓国人一家が経営する小さな焼肉屋「焼肉ドラゴン」を舞台に
そこで暮らす人々の悲喜こもごもを描く

これは、私が生まれる前の話だったので
そうか〜
この時代はこんな感じだったのかぁと思いながら観た

貧しいながらも細々と働きながら暮らす彼ら
時には感情をぶつけ合って衝突してはケンカをし
時には抱きしめあって慰め合い
時には酒を飲んで笑い合う

しかし
彼らが暮らす環境は厳しく
差別や偏見と戦い、それに抵抗してケンカし
中学生の末っ子は学校でイジメに遭ってしまう

それに彼らが暮らす地域は、国有地に建てられたバラックで
高度成長期の土地開発に伴い
役所から立ち退き命令がくだされてしまう

前半は、そんな厳しい環境でも、ともに衝突しながら支え合って暮らしているが
後半は、彼らがそれぞれの生きる道を選択する

高度成長期の裏で必死に生きていた彼らの存在を知り、
その後の彼らの選択には
日本人として切なくなってしまった

この時から50年が経とうとしていて日本は先進国になったけれど
彼らが住みたいと思う国になっただろうか
アボジに聞きたいなと思った
kyonwill

kyonwillの感想・評価

3.5
プレミア上映会で観賞しました。
監督、キャストの方のお話が聞けて良かったです。
キムサンホさんが好きなので来日してくださって嬉しいです。
内容というか、ホルモンを焼いてる映像がすごい煙たそうだし匂いまで伝わってくる感じでした。お腹すきました。観賞後は焼肉食べたくなります。
Taku

Takuの感想・評価

3.4
プレミアム上映会にて鑑賞
舞台挨拶に洋さんがいないのは残念でしたが真木よう子と井上真央を生で見てやはりとても綺麗だなと思いました。

舞台原作なだけあって随所に舞台演出っぽいところが多かったです。
在日韓国人の家族というあまり馴染みの無いテーマで心配だったが国関係ない家族の物語でした。
家族の中でちょっと色恋沙汰がわちゃわちゃしてる感じがありましたが大泉洋さんと井上真央さんの喧嘩のシーンなどは笑いもあり面白かったです。
後半からグッとくるシーンもあり見終わったあと在日韓国人について自分は何も知らないんだなと痛感
hatthi

hatthiの感想・評価

3.7
映画のスクリーン自体を舞台に置き換えているような人のはけ方が新鮮で面白かった。一人一人なにかアクションをしてからはけていくのは演劇ならではのように思った。
とにかく私の大好きな井上真央ちゃんの演技は素晴らしかった。
戦後を生き抜いた在日韓国人家族の切なくも心温まる物語。

「たとえ昨日がどんなでも
明日はきっとええ日になる」

それにしても家族構成ぐちゃぐちゃしすぎ…
洋ちゃんとキムサンホが共演するなんて!

日比谷
上野
船橋
市川
イクスピアリ
アメブロを更新しました。 『「焼肉ドラゴン」日本兵として戦い、そのまま日本で生きた在日一家のお話でした。』 https://t.co/VnPOtQv3pd
るなこ

るなこの感想・評価

2.8
いろいろと心に刺さりすぎて心臓とげとげになってかさぶたが厚くなるかんじ。←??
俳優陣がすごく豪華だけど、どの方の演技も本当に素晴らしかった✨
どのキャラクターも傷を抱えてるんだけど、感情移入の嵐でもうなんかぐちゃぐちゃになった。

キム・サンホ演じる寡黙なお父さんが、静かに過去を語るシーンは、本当に名場面だった。
YOP

YOPの感想・評価

3.0

完成披露試写にて。

ラストシーンですすり泣きと笑い声が共存するというしあわせな作品だった。

監督が「在日韓国人の特殊な家族の物語を撮ったつもりが、一般の人たちにも共感できると言われて案外家族の根本は同じなのかもしれないと思った」とおっしゃっていて、漏れなく共感した。

キムサンホもイジョンウンも日本語セリフ頑張ってた。真木さんも大泉さんも大阪弁のセリフが大変だったとおっしゃってたけど、それぞれ言語指導根気よくやったんだろうな。キャストみんな当たり役でいい俳優だなあと思った。

数年に渡るK活により劇中に出てくる韓国語のセリフが字幕なしでもほぼわかったのは感慨深かった〜。
TAMA

TAMAの感想・評価

2.8
完成披露試写会にて

舞台がモトと言うだけあって、舞台セットのような空間で進むストーリ展開。

役の一人一人の行動や決断が何故そこに至ったのかが理解し辛く、もう少し繊細な描写が欲しかったです。
役者さんは皆さんそれぞれが持ち味を発揮していらした気がします。

テーマがとても重いなか、笑いが随所に散りばめられていました。明日はきっとえぇ日になって欲しいですね。