がぼ

クリード 炎の宿敵のがぼのレビュー・感想・評価

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)
3.8
(2019年1月鑑賞)
30年以上前の宿敵同士の弟子(子供)が戦うというストーリーを聞いだけで非常にドラマチックだから、ファンにとってはたまらないんだろうな。しかし、私は『ロッキー』シリーズを全く観ずに『クリード』に挑んでるから、それほど熱量が上がらず、そんな往年のファンが本当に羨ましい。まぁ、知らなくても普通に面白いんだけどね。

気になったのは、完全に悪役とされたヴィクター・ドラゴ。アナザーストーリーで彼だけの物語が作れんるんじゃないかなと。それくらい、彼の境遇や孤独に同情した自分もいた。