Rio

クリード 炎の宿敵のRioのレビュー・感想・評価

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)
3.8
相変わらず王道すぎるシリーズ。因縁の対決ともあってアドニスの葛藤と成長物語が熱い。

でも今回はなぜか敵側となってるヴィクターに感動してしまった。父の負の感情しか受け継いでない暗い世界で生きて、ストーリーとしては当て馬ポジション。

強さ見せつけて戦ってたけど本当に葛藤してんのはヴィクターの方なんじゃないか。