ガチ星の作品情報・感想・評価

「ガチ星」に投稿された感想・評価

NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

4.5
「マダオ映画」に流行の兆しなんて記事を読んだけど「マダオ映画」って「ま」るで「だ」めな「お」っさん映画のようです。

競輪学校の鬼教官が「もがけ」とシゴキ倒すように底辺でもがいているマダオ映画なのは間違いないのだけど、自分としては「まるでダメなおっさん」なんて切り捨てることは出来ない。劇中のまだ挫折を知らない若造がマダオを理解できないように、あるいはレビューで一言「クズ」と切り捨てることができる人のように、僕もマダオを理解できずに大人になるという選択肢も親は用意してくれていたんだけど。
多分、映画なんて見てないでそれなりに勉強して、それなりの大学を卒業して、それなりに安定した会社に就職して、それなりの給料をもらい、結婚して子供が出来て家を買って。。。そんな風波の立たないそれなりに順風満帆な人生を生きれたら、一生マダオのように底辺でもがいている人の痛みに想いを馳せるタイミングなんて訪れないのかもしれない。

実際、この映画で描かれるように、プロ野球選手は小さい頃から野球だけで潰し効かない人が多いのだろうし、若い時ちやほやされたけどセカンドキャリアで新しい曲線を描けず燻ってる人は多く、自分もかつてそうだったように、肉体労働しながら「こんな人生のはずじゃなかった」と自暴し、他人や世間に対して「ツケ」が溜まっていくんだよね。
これは、溜まったツケを完済した上でさらに乗せていく物語だよなと思うのだけど、特に人の心や失った信用を取り返すには、借金と一緒で金利が乗っかってるから実際に借りた金額以上の努力が必要で、さらに良くも悪くも雪だるま式に膨らむんだよ。お金も人の心も。

とにかく僕にとっては子供とのやりとりだったり、元嫁からのメールだったり。。。目を背けたいほど痛すぎて心を掻き毟られちゃう映画であり、そこは静かに怒って欲しかったとか、レースシーンは少しチープに感じるとか減点材料はあるもののほぼ最高な作品だったし、人は底辺を経験した方が人の痛みがわかって優しくなれるというように、圧倒的に優しさに溢れた映画だったと思う。監督さんは立派なマダオで底辺を味わい尽くしたのだろうと思わされるし、主役の安倍さんもそうなのだろうと思わされる迫真の演技だった。
地雷

地雷の感想・評価

4.5
努力ともがけって言葉がこれほどまで伝わってくるとは…

そしてここまでクズな主人公はなかなかいない。
更生したかに見えてなおクズな感じ最高。
派手さは全くない、地味だけど熱い。
男臭い映画でしたね。

一言申すなら競輪に向かうまでの濱島のクズっぷりに可愛げがない。
女性にはハマらない映画かもな、、、なんて思ってしまった。笑
CM繋ぎ合わせたみたいな。泣き叫び多いし印象に残る。
でもそもそも競輪のルール知ってるぅ?
Kensu

Kensuの感想・評価

4.5
身につまされるような映画。といってここまでクズにもなれず。ここまでもがくこともない。で、また我が身に返って身につまされる。
KenK

KenKの感想・評価

4.5
それぞれが色々な思いで競輪に向き合っていることが伝わる
すし

すしの感想・評価

4.3
どうしようもないくらいの人生からの原動力!演者の本気の演技がすごく伝わり本当にいい映画だった。本当に熱い映画でおもしろかったです。
lemonsta

lemonstaの感想・評価

3.9
屈強な身体に宿るのは誰よりも弱い心。

プロ野球選手をクビになった後、どん底の生活を送る情けない40代の男。

自分の身をもち崩すだけでなく、
ただ純粋に味方してくれる人さえも、弱さ故に裏切り、傷付け、結局それは自分を傷付けることにもなるという悪循環。
プロ野球選手という特別な過去があるからこその不要なプライドのせいで、上どころか前さえも向けない。

そんな人間を変えるのは一筋縄ではいかず
これでもかというほどクズっぷりを発揮してくる主人公に、観ている側も心底イライラしながらも、何とか頑張って欲しいと思ってしまう演出の妙。

こんなにダメ男なのに、息子、元嫁、友人、何故だか周りに愛されてるっていうかどこかで許されてる感じが見て取れるから。
あとは自分がやるしかないんだよ!って。


ダメ男が変わりはじめてからはとにかく観ていて興奮するし、とってもとっても面白い!!!
のは、自分もクズだからか。

大人のための熱い青春映画であり、最高に楽しめる競輪エンターテイメントでもある。おすすめ!
Kaz66

Kaz66の感想・評価

4.2
めちゃ良かった、熱かった、昂ぶった!
「めんたいぴりり」のテレビ西日本が制作を手掛けるローカルドラマの映画化。
最近では珍しい、すごく映画らしい映画でした。(実際はどうだか分かりませんが)そこにあるものをフィルムに焼き付けるような、それでいてそこに映るもの以上の“何か”が浮かび上がるような映画でした。
ストーリーは、
戦力外通告を受けた元プロ野球選手。パチンコや酒に溺れ、妻子とも離れゲス不倫--。崖っぷちの主人公が再起をかけ『競輪』に挑む…。 というものですが、、
栄光/挫折/自暴自棄/逃亡/贖罪/羨望/感謝/諦め/挑戦… 男の色んな想い・背負った人生を賭けた『生き様』を、踏んだ分しか進まない『競輪』という世界を舞台に描く圧倒的なリアリティ!
「もがけッ、もがけッ、もがけ!」のエールが心に響きます。素晴らしい‼️
心に刺さるいい映画でした。
改心前の濱島はクズすぎる、けど終盤は最高に良かった!
>|