ガチ星の作品情報・感想・評価

ガチ星2018年製作の映画)

上映日:2018年05月26日

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

元プロ野球選手が戦力外通告。パチンコや酒に溺れ、妻子と離れてゲス不倫ーーー。崖っぷちの主人公が、再起をかけて挑むのは「競輪」! 過去の栄光が通じない世界に飛び込む主人公の前に立ちはだかるのは、過酷なトレーニングと20歳以上も離れた若者たちの冷ややかな視線。そして、自堕落な生活が染み付いてしまった“自分自身”だった。

「ガチ星」に投稿された感想・評価

NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

4.5
「マダオ映画」に流行の兆しなんて記事を読んだけど「マダオ映画」って「ま」るで「だ」めな「お」っさん映画のようです。

競輪学校の鬼教官が「もがけ」とシゴキ倒すように底辺でもがいているマダオ映画なのは間違いないのだけど、自分としては「まるでダメなおっさん」なんて切り捨てることは出来ない。劇中のまだ挫折を知らない若造がマダオを理解できないように、あるいはレビューで一言「クズ」と切り捨てることができる人のように、僕もマダオを理解できずに大人になるという選択肢も親は用意してくれていたんだけど。
多分、映画なんて見てないでそれなりに勉強して、それなりの大学を卒業して、それなりに安定した会社に就職して、それなりの給料をもらい、結婚して子供が出来て家を買って。。。そんな風波の立たないそれなりに順風満帆な人生を生きれたら、一生マダオのように底辺でもがいている人の痛みに想いを馳せるタイミングなんて訪れないのかもしれない。

実際、この映画で描かれるように、プロ野球選手は小さい頃から野球だけで潰し効かない人が多いのだろうし、若い時ちやほやされたけどセカンドキャリアで新しい曲線を描けず燻ってる人は多く、自分もかつてそうだったように、肉体労働しながら「こんな人生のはずじゃなかった」と自暴し、他人や世間に対して「ツケ」が溜まっていくんだよね。
これは、溜まったツケを完済した上でさらに乗せていく物語だよなと思うのだけど、特に人の心や失った信用を取り返すには、借金と一緒で金利が乗っかってるから実際に借りた金額以上の努力が必要で、さらに良くも悪くも雪だるま式に膨らむんだよ。お金も人の心も。

とにかく僕にとっては子供とのやりとりだったり、元嫁からのメールだったり。。。目を背けたいほど痛すぎて心を掻き毟られちゃう映画であり、そこは静かに怒って欲しかったとか、レースシーンは少しチープに感じるとか減点材料はあるもののほぼ最高な作品だったし、人は底辺を経験した方が人の痛みがわかって優しくなれるというように、圧倒的に優しさに溢れた映画だったと思う。監督さんは立派なマダオで底辺を味わい尽くしたのだろうと思わされるし、主役の安倍さんもそうなのだろうと思わされる迫真の演技だった。
Yoh

Yohの感想・評価

4.0
2018年公開邦画。同名のローカルドラマを映画化、監督は江口カン、主役はドラマと同じ安部健一。

久々に映画館で邦画を観賞。見たのが、競輪を舞台にした本作です。最近の邦画に多い、わかりやすい感動系かと思ったのですが、いやこれがなかなか良い作品でした。本作の見処の一つは、主人公のダメっぷり。依存症すら想像してしまうそれが徹底的に描かれていることで、シナリオの妙が際立ちます。後半で再度絶望し、そしてそこから一気にカタルシスへと持っていく手法は素晴らしいとの一言。ラストのレースでは思わず感極まってしまいました。これが主人公「だけの物語ではない」ことを思って。
…そう、これは大人への物語。諦めてしまった人たちへの、応援歌。ラストでついホッとしてしまうのは、主人公がまだ高みを目指し続けられることへの安堵に他ならない。演出なりに若干不満はありますが(主人公が「わかったぞ」という場面とか)、それでも素晴らしい作品だと思います。是非一度どうぞ。
しん

しんの感想・評価

3.8
2018139
ダメ男のダメな人生で起死回生は図れるのか?
という内容をリアルに綴った物語

こういう人本当にいそう。
いい映画です!

まず、久松のお母さんにbest of 三段腹!恐ろしい!
あと、「酔っぱらいがゴミ捨て場で寝てる」状況のロジック解明には納得!
以上、印象に残ったシーンでした笑

“努力”が大事なのは分かるけど…分かるけど!頑張れないよ!何で君はそんなにモチベ高いのよ!という普遍的な疑問に対する回答。

怠惰な主人公と対比して描かれる青年:久松が圧倒的な困難を突きつけられた時にとる行動。からの、主人公の「分かった~」というちょい過剰な演出。
困難(主に過去の出来事)を発端とした「もう俺は駄目だ」と自己肯定感を失うこと(自己否定ではなく)に対し、「俺にはこれしか無い」と自身を追い込み一つの道に懸けることで再び自己肯定感を取り戻そうとする熱量こそ努力の源(秘訣?)なの?では?(ラスト、ゴール間際の演出も含め)

過去は大事だね!げんなりしたら昔のことを思い出して奮起しよう!
じゅんP

じゅんPの感想・評価

3.8
愛する息子すら理由に出来なかった男の視野がひらける瞬間。文字通り背負ってるもんぶつけ合う最後のレース。

チャラになんかなんねえよ。
じゃあ終了?
もがけ もがけ もがけ もがけ もがけ!

筋金入り、一流の負け犬が牙をむく。
mura

muraの感想・評価

4.2
サニーパン…小倉駅前のシロヤか。こういうアイテムが出てくるとリアリティが一気に増す。

北九州が舞台。プロ野球(ソフトバンクホークス!)の世界で挫折した男が、堕落を極めていく。妻子と別れ、借金を重ね、友達を裏切り、酒に溺れ、ギャンブルから脱け出せず。そうしたときに目を向けたのが競輪の世界。学校に入り、訓練に挑む。しかしアラフォーの男にとって道のりは険しく…といった話。

堕ち具合がひどい。だらしなくてどうしようもない。だけど、なぜだか応援してしまう。

ただ、なかなかうまくいかない。何度も言葉として出てくる「努力」に、今度こそ向きあうかと思いきや、結果が出ずにまた腐る。その過程がもどかしいが、そこに惹かれるのかも。

誰もが背負うものがあって走っている。それを本当の意味で理解した最後に、男はようやく笑う。
gachadama

gachadamaの感想・評価

4.1
正直こんなに感動するとは思わなかった…。どうなっていくの?!と、どんどん入り込んでって、泣けるし腹立つし頑張れよって言いたくなるし。そして主役は勿論だけど久松~~~ってなる。登場人物それぞれに人生があるんだと思い知らされる。この作品観て良かったなぁ。
KUBO

KUBOの感想・評価

4.0
良い映画だった。感心した。

チケットをいただいたので、全くノーマークだった「ガチ星」を見に行った。

戦力外通告で引退した元プロ野球選手の濱島。この男が本当にひどい男だ。クズだ。友人の女房に手を出すわ、パチンコやってて子どもとの約束ほったらかすわ、もう人として失格!

その最低男を演じる安部賢一が上手い、上手い! だらしのない、愚痴と劣等感にまみれた男を、息が聞こえるようなレベルでリアルに演じる。

野球選手を辞め、競輪選手を目指すも「おい、いい加減にしろよ!」と怒りたくなるほど、いつまで経っても成長しない。しそうになっても何度も挫折と失敗を繰り返す様は、さながらエヴァのシンジくんの如し。

それでも、ラストのラストに、溜め込んだストレスを全て解放するかのように疾走するストーリーと映像は計算され尽くした演出だろうが「遅えよ!」とひと言言いたい!

失望と、嗚咽と、汗と涙と鼻水と、人間の一番重〜いところを描ききった江口カン監督はCM畑出身で本作が初監督作品だと言う。信じられない新人監督が現れたものだ。

一部劇場の限定公開にしておくのはもったいないレベルの傑作! いつまでたっても成長しなかった男が、最後に見せる必死の形相と爽やかなラストは必見だ。

この作品に出逢えてよかった!
laBamba01

laBamba01の感想・評価

4.0
とことんダメダメな中年男がなかなかやる気出せずに現実逃避していて、最後の最後でようやく本気出すんだけど、劇中の大半がカッコ悪くて ホントダメダメでうんざりする。

そのうんざり感を丁寧に紡いでいて、それが中々にリアル。

何とかなる、とか思ってる内は、何も変わらないよ。観ていて身につまされるほろ苦さがツボ。

そうそう。現実の世界にロッキーはそうは存在しないんだよね。

絵に描いたようなハッピーエンディングじゃないけど、再生の兆しを仄めかしながら、それでも人生は続いていく...だから諦めんな!カッコつけてないで もがけ!
そんな映画。

映像の切り取り方が良かった。
特殊な世界の描写も、ちゃんとしてたので惹き込まれた。

『百円の恋』と続けて観たくなった。

この監督の撮る『ザ・ファブル』ならば、観てみようかと思う。
kyoko

kyokoの感想・評価

4.1
2018.7.6
>|