チョンティチャの作品情報・感想・評価

チョンティチャ2017年製作の映画)

製作国:

上映時間:40分

3.7

あらすじ

「チョンティチャ」に投稿された感想・評価

ぐりこ

ぐりこの感想・評価

4.0
第十回下北沢映画祭にて鑑賞。

個人的には圧倒的に優勝だった。

ミャンマー人の母とタイ人の父を持ち、日本で生まれたチョンティチャは、両親が離婚するもタイ人の多いアパートで育ち、今は母の再婚相手高橋と暮らし、そして学校では“ガイジン”として過ごす。

日本に生まれ育ち日本語を話すものの、なんとなく違和感を感じて生きるチョンティチャが、自らの居場所を確認するまでのお話。


ある日、日本人になっては?と母と高橋が提案する。
提案を受け入れて自分の新しい名前を考えるチョンティチャだが、ふとしたきっかけで母のお腹に赤ちゃんがいてその子のために姉も日本人に、と考えていることを知る。
誰も自分を見ていないと感じたチョンティチャは「タイでもミャンマーでもない。日本人にもなりたいわけじゃない」と言って、その翌日家に帰らずに、、、


ミャンマー母、タイ父、日本義父、そして同級生の風太、それぞれの想いを知り受け止めたとき、チョンティチャは自らの居場所をみつける。


「新しいチョンティチャは待たない!」

風太に言ったチョンティチャは吹っ切れてホントにまぶしかった。その後の風太のツッコミもよかった 笑


40分でもここまでしっかり描けるんだって見せつけるような濃い脚本だったし、主演の長月凛さん、舞台の人らしいけど素朴に見えて骨太な雰囲気でとてもよかった。
ところどころに挿入されるセミのシーンも印象的になっていて巧かったし、エンドロールのミーンミーンのリピートはなかなか耳に残った。

最優秀作品でなく次点の賞だったのは惜しかったなぁ。

なお、チョンティチャは実在するそうです。
セミを水で洗ってる?ショットなど印象的なショットもありました。行定監督がトークのゲストで来られてましたが、確かにGOのように自分は何人なんだっていうのを名前から考えていくというアイデンティティの話でした
主役の女の子がっぽくて凄かった。セミおいしいのかな?
行定さんの喋りが本当に好きですね。
sci

sciの感想・評価

-
Rising Filmmakers Project
自分も帰国子女だったのでちょっと気持ちが分かる気がした。主演の女の子美人だわ。ヘルメット姿もカワユイ。
Rising Filmmakers Projectにて。
2017年の東京学生映画祭にて鑑賞。


逃げないセミの存在感だったり、
名前を決めるにあたってヤケクソになるチョンティチャの立場もまた凄く良いんだ。

キャラ付けがサイコーなんすよ。
チョンティチャって役所がまた絶妙で、
「ほぼ」日本人っていう立場。
ほぼってなんだよ、っていう。
私を見てくれよ、っていう。
わかるよっていう。

だからって「うるみ」チョイスしなくても…。
笑ったけども。









僕も実はこの年のノミネート作を監督したうちの一人だったんですが、
この作品を観て素直に首を垂れました。

「あぁ、勝てない」って。
自分が同じとして撮影した映画で表現したかったテーマを扱ってるんですけど、
それをドストレートに超えられちゃった気がしたんですよね。

悔しさとかはなかったです。
ただただ、この映画面白いなーって素直に思えました。
それってやっぱいい映画だからなんだろーなァ。
テーマ性が良いのか。自転車の撮影はなるほど。登場人物、セリフは少し記号。ラストは良い。
Osamu

Osamuの感想・評価

4.0
私は何者?タイ人とミャンマー人とのハーフで日本に住む女子高生チョンティチャのアイデンティティの話。

タイ人の父は家を出て行き、ミャンマー人の母は日本人と再婚した。チョンティチャは日本への帰化と改名を両親から勧められる。さあ、どうする。

消化できずにモヤモヤする気持ちの動き(目に見えないもの)を、チョンティチャの体の動き(目に見えるもの)で見事に表現していると感じた。

特に自転車のシーンが印象的。同級生との追いかけっこ(前から)、父との2ケツ(横から)、夜の蛇行(後ろから)。

第19回TAMA NEW WAVEコンペティション(2018)特別賞受賞作品。
なな

ななの感想・評価

4.0
TAMA CINEMA FORUM第28回 映画祭にて
「チョンティチャ」1作品目
ミャンマー人とタイ人の両親が、異様にリアルだった。
ある程度歳をとってから、名前を考えるってなかなか難しい。このテーマはおもしろい‼
長月凜さん、家族会議での泣きのお芝居凄かった。途中、我慢したよな多分…
凄い伝わってきた‼
自転車で走るシーン、どうやって撮影してるんだろ??
ちなみに僕は、こちらの作品に投票させていただきました!
>|