菩薩

I am Sam アイ・アム・サムの菩薩のレビュー・感想・評価

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)
3.0
いいお話だなとは思うし、ダコタ・ファニングの可愛らしさは否定する余地が無いけれど、どうしても話の辻褄が色々とあってないというか、力業で感動方面に持って行きすぎな気がする。

そもそも、なぜ宿目的のホームレス相手に避妊もせずに性行為を行えたのか、7歳までの、おそらく一番手のかかるであろう乳幼児期の育児をどの様に乗り切ったのか、なぜそれまでの段階でソーシャルワーカーが介入しなかったのか、などなど、どうしても疑問が打ち消せない。

ソーシャルワーカー側=子供を引き離す悪いやつら、みたいな描き方も気にくわない。彼らは現実論に立って物事を考えているだけで、理想論だけで全ての物事が上手くいくとは到底思えない。親が無くても子は育つが、愛があれば万事OKなわけがない。

ファンタジー映画として観れば、ビートルズの楽曲とも相まって楽しめるが、ヒューマンドラマとしてはどうかと思う。

とは言ったものの、きっと自分にも子供ができたら見方も変わってくるんだろう。


俺もジョージが一番好き。