むら

I am Sam アイ・アム・サムのむらのレビュー・感想・評価

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)
4.0
WOWOWにて

ずっと前に見た映画ですが、ずっと泣きっぱなしでした。

知的障害を持つ主人公のサムと娘のルーシーの愛情には、本当に泣かされます。ダコタファニング、本当に天使のようです。

サムを支えるエリート弁護士のリタが、サムとのかかわりの中で自分の弱さをさらけ出すようになり、最後にはお互いを支え合えるような関係になるのも感動的です。

特に、リタがサムに自分の弱さをさらけ出すシーンは涙があふれました。

誰もが自分の中に、悩みや苦しみ、弱さを持ってる。そういうものを感じられる人でいたいと思います。

私としては、里親の女性もルーシーのことを本当に愛してると告げるところで、サムがルーシーの書いた絵の女性が彼女だと思うというシーンがとても好きです。

最後の、みんなの愛に包まれたルーシーの姿を見て本当に幸せな気持ちになれました。

子供を育てることは、とても大変なことだけれど、多くの喜びがあり、たくさんのことを教えられます。私も、自分の娘との大切な思い出に本当に感謝してます。

世の中は、少子化や子供の辛い事件などが報道されてますが、子供たちがまわりの人たちに愛されて幸せに暮らせることを心から願います。