I am Sam アイ・アム・サムの作品情報・感想・評価

「I am Sam アイ・アム・サム」に投稿された感想・評価

この映画が素晴らしいのは『みんな誰でも不完全だよ』って教えてくれているところ。

『完璧な人なんて実はどこにも居なくって、みんな足りないところを持っていて… だから人と人は守りあい、補いあうんだね』っていう大事なことに気付かせてくれるところ。


なにしろ、
あのショーン・ペンが圧巻の演技で、すべてを真実にし、

また、当時6才のダコタ・ファニングが、ショーン・ペンと互角に渡り合うという快挙!


その上
今作に深みを増したのは、ミシェル・ファイファー演じる弁護士の存在。

また、ローラ・ダーン演じる里親も良い。


う~ん!中身が濃い!



愛すべきは、『ビデオの会』のサムの仲間たち。ルーシーの靴を皆んなで選ぶシーンは微笑ましくて、大好き。

隣人のアニーも聡明で素敵な女性。彼女を悲しませてはダメですよ。



オープニングから、エンディングまですべてが美しく、いとおしい!



是非ぜひオススメしたい名作!
すっごく感動しました。
なによりダコタちゃんが可愛すぎです。
見ていて悶える。

ダコタちゃんが何度もお父さんのところへ帰ってしまうシーンが切なくて泣けてきます。
自分のお父さんは1人なんです。それがどんな障害を持っていようが大好きな父親ということに変わりはない。
それを周りが引き裂く権利なんて毛頭ない。

家族愛が凄く伝わる映画でした。
切なくもほっこり温かい気持ちになります。
ショーン・ペン。
ちく

ちくの感想・評価

3.6
思ったのは、ショーンペンすごいってことと、弁護士ってタフな仕事だなってこと
はる

はるの感想・評価

3.0
BS 日本テレビ
Junna

Junnaの感想・評価

3.5
ダコタファニングの演技のうまさとかわいさ

弁護士の女の人の人間的葛藤的な部分が含んでいたのはよかった

最後の終わり方のあやふやさはあんまり好きじゃないけど、
裁判の時もどっちかというと、論理的なのは児童福祉の人の方だと思うけど

良い映画っていえばいい映画
心ギュッてなって握り拳がほどけるような映画
sakiyon

sakiyonの感想・評価

4.1
切なくて胸がギュとなる映画
>|