I am Sam アイ・アム・サムの作品情報・感想・評価

I am Sam アイ・アム・サム2001年製作の映画)

I AM SAM

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「I am Sam アイ・アム・サム」に投稿された感想・評価

コパス

コパスの感想・評価

4.5
説明不要。感動系の映画はすすんで見ないけど、いろんな人に勧められて見た結果泣いた。めちゃくちゃ人に勧めたいし勧めやすい作品だと思う。
てった

てったの感想・評価

3.9
2回目のでも感動して泣いてしまうほどいい映画。家族が恋しくなる映画。
Nyoromo

Nyoromoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

子供が生まれた瞬間の母の態度を疑った。
映画スタートして序盤のシーンだったから、抱っこを拒否したこの人は子供を望んでないんだなと咄嗟に察して悲しかった。

それからサムが育てていく中で、何度も出てくる「お空のルーシー」って発言が好きだった
天使ってことなのかな、めちゃくちゃわかる、ルーシー天使すぎるもの。

裁判でアニーの言った言葉、
「親がサムなのに子供が賢い」のではなく、「親がサムだから賢い」
物凄くあたたかかった
涙がとまらなかった

周りと比較して自分なんかがと思ってしまう気持ちわかる
周りのが美しく見えてしまうものだし
でも日々頑張って生きてて愛する家族がいて、それだけでいいんだって思えたら素敵

私からしたらルーシーよりもリタの子供の方がヘルプを求めてるように感じて心配だった
どんなに貧しくても愛溢れる環境なら子供の心は満たされるんじゃないかな

サムがずっと考えていた「いい親になるには」を聞いて涙がとまらなかった
不変、忍耐強さ、愛すること
しっかり胸に刻みたい
し

しの感想・評価

4.7
ほっこり、娘ちゃんのかっこよさ
tokyogirl

tokyogirlの感想・評価

3.9
ダコタファニングが可愛い。

ハートウォーミングという表現がぴったりの作品でした。エンドテロップが始まった時は「え?終わり?」と思いましたが、本作は映画的な結末を求めるような作品ではないですね。仮に裁判に勝ったとしても、検事が指摘したような現実と向き合う人生は続いていくのだし、ルーシーにとって何が本当の幸せなのかは誰にも分からない。検事もけして悪者ではなく、彼なりに彼女の幸せを真剣に願っていたのだと思います。

ただ一つ言えるのは、たとえ周りの状況がそれを許さなくても、父と娘を結びつける絆が揺るぎないものであること。そしてサムの飾り気のない本物の愛が、彼の周りの人の心も溶かしていくこと。ドラマとしては起承のみでこれといった転結もありませんでしたが、一つ一つのシーンが丁寧かつ繊細で、現実の厳しさややるせなさを織り交ぜつつも、それらを描く視線には一貫として暖かいものが感じられました。

「イチローって野球上手だね」と言ってるみたいで今更感はありますが、ショーン・ペンの圧倒的な演技力には特筆すべきものあり。当時7歳のダコタ・ファニングの美少女ぶりと大人びた表情には何度もスゴイと唸らされました。レオンのナタリー・ポートマンが当時13歳か…。中年男性と美少女のバディものって名作が生まれやすいテーマなのだろうか?
あ

あの感想・評価

5.0
☡✍
fumio0613

fumio0613の感想・評価

4.4
ダコタの一言
愛こそすべて
ダコタのかわいさにうっとり
愛される娘、愛される父親
めちゃくちゃいい映画
演技うますぎ
momoka

momokaの感想・評価

4.5

とっても心温まる映画でした

結局は"All you need is love"


ショーン・ペンの演技◎
ダコタかわいすぎ◎
あとビートルズ
>|