I am Sam アイ・アム・サムの作品情報・感想・評価

I am Sam アイ・アム・サム2001年製作の映画)

I Am Sam

上映日:2002年06月08日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「I am Sam アイ・アム・サム」に投稿された感想・評価

Mizuho

Mizuhoの感想・評価

4.0
育児って何が正解とかないから難しいよね、、、
2人の親子愛が周りの人たちを変えていく様子が素敵だった◎
鍮

鍮の感想・評価

4.3
ルーシーが可愛すぎる。
そしてサムへの絶大なる父愛が凄まじい。
父親が世間的にどうとか関係ない!
ぴん

ぴんの感想・評価

3.0
せけんはつめたい
Tommy

Tommyの感想・評価

3.5
【2019.08.23.FRI】

子育てに大切なこととは?

これって世界中の親にとって
永遠の難題ですよね。

何不自由ない生活
整った学習環境

それも大切。

だけど、

話したい時に話を聞いてくれる環境
ハグして欲しい時にハグしてくれる環境

これもとても大切。

前者はリタの持っているもの
後者はサムの持っているもの

ふたりとも子どもを愛している親である。

この映画の中に
誰一人として子を想わない人はいない。
だけどぶつかり合ってしまう。
だから観ていて苦しくなる。

色々な人が支え合って
子どもを育てていく環境って
素敵だと思いました。

障害の有無関係なく。

自分の両親を思い浮かべた時に
掛け算ができるかや州都が言えるかを
問題にしたことはありません。

その通りでした。


サムの「褒める」に癒されました。
褒めることって子どもにとって大切だし
大人にも大切なんだなぁ。


幼少時代のダコタちゃん天使〜
ヒライ

ヒライの感想・評価

4.3
知的障害があり精神年齢が7歳の中年男サム。
7歳になろうとする娘と二人、幸せに暮らしていたが、養育能力がないとの判断から引き離されてしまう。。

主演の演技が本物かと錯覚するくらい上手い。
それだけでも観る価値ある気がする。
障害をただ美化するのではなく、現実的な暗い側面の描写も多くあった。
障がい者の側が善人的な描かれ方をされがちな作品が多いなかで、そのあたりが一辺倒ではなかったのがよかった。

ところどころ流れるアコースティック調な音楽もすごくよかった。
心に豊かさを与えてくれる作品だと思う。
子供を持つ人が観ると、より感動できるんだろうなと感じた。
aim

aimの感想・評価

5.0
父と娘の愛情に、口出しは無用
知能レベル7歳だって愛はどの親より深くってどの親より娘を想ってて
徐々に周りにもそれが伝わって皆んな巻き込んで幸せにしていくって最高じゃない?
サムの周りを取り囲む人たちもサムに出会って変わってく人たちもそしてサム自身も凄く素敵で大大大好きな作品

たまに1万年に一度くらいのとんでもなく素晴らしい作品に出会ったらなんとも言えない感情になるでしょ?
これは見る度にその感情に襲われるのよね
なんか言葉で言い表せないくらい良いの
この作品を前にしたらアホなレビューするのが恥ずかしくなるくらい何にも言葉が出てこないの。
ただ一言うならありがとうって言う感じの
切なかったりするんだけど、嫌いでした。
おしん

おしんの感想・評価

4.1
ルーシーがめっちゃかわいい!
あと賢すぎ&行動力ありすぎ👀👀

主人公のサムより、リタと里親のお母さんが段々と一人の人間としてサムと心を通わせようとしていくプロセスが良かったです🐕

あとショーンペンの演技上手すぎた 知的障がい者にしか見えませんでした
>|