I am Sam アイ・アム・サムの作品情報・感想・評価・動画配信

I am Sam アイ・アム・サム2001年製作の映画)

I Am Sam

上映日:2002年06月08日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「I am Sam アイ・アム・サム」に投稿された感想・評価

mii

miiの感想・評価

4.0

家族愛
障害を乗り越えて
これまだみてない人羨ましい
まーぼ

まーぼの感想・評価

4.2
温かくて幸せな父娘のかたち。
ルーシーが可愛い〜!
目がまんまるクリクリで綺麗な色。
弁護士のリタ、隣人のアニー、友人たち、里親さん、サムの周りの人みんな優しくて温かくて泣ける。
内容もなんとなく知っててずっと見たいと思ってたから、見られてよかった。
Reina

Reinaの感想・評価

4.4
めっちゃないた
Mew

Mewの感想・評価

3.5
泣いたな。
ダコタファニングが幼気だけど、障害ある父親を見守る姿にひたすら涙。
ショーン•ペンの演技が光った、グッと惹き込まれる。

このレビューはネタバレを含みます

知的障がいの父と娘の物語。深い。アメリカの裁判社会独特な空気感とかもあるけど、登場人物がそれぞれ自分の正義を信じていて、どれが正しいとも言えないんだよな。ビートルズのカヴァーが印象的に使われてて、最後“Two of Us”で終わるのは最高だった。
何回見ても泣いてしまう。
また、登場人物が誰も悪くないため切ない気持ちになってしまう。
心を暖かくすっきりさせたい時に見たい映画。
AtoZ

AtoZの感想・評価

4.2
ひっさしぶりに見た。
父と子モノには弱い。

ダコタ・ファニングは天使以外の何物でもないな。

まさにAll You Need Is Love.
心からの愛が苦難を乗り越える力を与えてくれるという、良くも悪くもお花畑な話ですね。
暖かい気持ちになります。

個人的には
優れていてお金持地位もある強い女性のように見えるミシェル・ファイファーが、
自分の人生にも苦難が溢れているんだって吐露する場面が1番心にくる。
誰にも言えなかったんだよねぇそんな弱音、
だってみんなは自分のこと強いって思ってんだもん、言えないよねぇ、っていう。
グラ子

グラ子の感想・評価

3.8
ダコタ・ファニングがめっちゃ可愛い。

もう一回言う。



ダコタ・ファニングがめっちゃ可愛い。
>|