onoyame

ホステージ:ペルー日本大使公邸占拠事件のonoyameのレビュー・感想・評価

-
ペルーについてほとんど知らないかったから、事件を通してフジモリ政権下のペルーの情勢に関して、その一端を知ることができた。
中盤まで政府の行動がほとんど出てこないから、それまでは事件の人質のインタビューが中心だけど、後半からは政府の非人道的な対応に関するドキュメンタリーになってフジモリにつながる。

この事件は当時のペルーの不安定な情勢とフジモリ政権の強権姿勢が現れた象徴的な事件。正直、20代にとって「フジモリ」という存在はあまりピンと来ないのだが、知っておくべきペルーの現代史だと思った。