onoyame

イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語のonoyameのレビュー・感想・評価

4.0
鬱々した日々を過ごす若者の青春映画。社会と折り合いをつけて生きることができない。どう生きればいいのかわからないという嘆きが小さな部屋に響く。若者が自分の世界を創り始める前夜を描いた秀作。

ジャック・ロウデンの出演作の中で最も好きな作品である。彼は面倒くさそうな性格の役柄を好んで演じる俳優なのだが、本作のモリッシーことスティーブンは彼の演技が最大限に発揮されたように思える。

ラストシーンは何かが始まる、そう思わせる美しいカット。観終わった後はスミスの曲が聴きたくなる。