ミーー

ディヴァイン・ディーバのミーーのレビュー・感想・評価

ディヴァイン・ディーバ(2016年製作の映画)
4.0
ブラジル発ドラァグクイーン版ブエナビスタクラブ、というコピーに惹かれて鑑賞。
ドキュメンタリーなので、プロの俳優が演技しているわけではない。それなのに、たとえ私服や素顔で話していても、どこか芝居がかっているというか作りこまれているというか、独特の虚構感があって興味深かった。男に生まれながら女装し、かつショービジネスの世界で生きてきた彼らにとって、理想の美しい自分を「演じ続ける」のは体にしみついた習慣なのだろう。
おもしろかった。