ゴッズ・オウン・カントリーの作品情報・感想・評価

「ゴッズ・オウン・カントリー」に投稿された感想・評価

余裕がなく早急なジョニーをひとつずつ確かめるように導くゲオルゲのやさしさが切ない。

ふたりが同じ方向を見つめているのが穏やかな未来を感じさせて胸にしみる。
Rocko

Rockoの感想・評価

3.5
ヨークシャーの美しい景色の中で繰り広げられる官能劇や農場での動物の出産シーンなどが生々しく描かれたLGBT映画。

ここまで見せるならもうモザイクも取ってくれよという思い。

ストーリーに派手さは無く、淡々と進んで行く中で田舎のコミニュティでの閉塞感への葛藤や家族愛など社会問題が散りばめられており、非常に繊細に上手く描かれている印象。

『君の名前で僕を呼んで』『彼が愛したケーキ職人』の美しさとは違い、真実をリアルに突き付けてくる作品でした。
性描写も露骨なので、少しでもゲイに嫌悪感がある人には向いてないかな。

ゲオルゲ役の俳優さんオーディションに合格し初映画らしいですが、とても味があってよかったですよ。
IPPO

IPPOの感想・評価

3.8
観ましたわー。珍しく洋画レビューします。

ストーリーは話題になっている通り。

淡々とし過ぎてるものの、見応えあり。
ラストは、なんだか良かったねぇ…と微笑める。

片田舎の酪農家の跡取りとして息が詰まりそうな日常を過ごす青年。救いの光に出会い、少しだけ変わり始める日常。
少しだけでもとても彼には大切なことで。
大切にしたい何かが出来る、ということが年齢的にとても大切なことなんじゃないかなぁ。なんて。

意外にも酪農ムービーであり、若者モラトリアムムービーで微笑ましかった。

どっしりしつつ、透明感ある映像が好きだなと思った。
エンドロールが映像も音楽もべりぐっど。
🤮🐑🐑🥛🐑👨🏻‍🦱🐑🔥🍜👨‍❤️‍💋‍👨⛰🐑👴🏻🍝🧂🛁🍻👋🏻🐑🐑👨‍❤️‍💋‍👨

このレビューはネタバレを含みます

事に及ぶあの流れがわたしには唐突に思えた。ブロークバック・マウンテンでもそう思ったんだけど、男の人(男同士?)ってよく分からないなぁとしみじみ。
(ちなみにわたしは女で、同性愛者。女同士が惹かれ合う描写は大抵理解できる)

ジョニーの不器用さがものすごくリアルで良かった。
hana

hanaの感想・評価

4.3
インディペンデント映画の良い所が沢山詰まった作品。

ストーリーに無駄がなくやり過ぎてない所がとても魅力的。
前半は、主人公ジョニーの牧場での生活を淡々と映していて、現在の境遇や一緒に暮らす家族との関係までしっかりと描写していました。中盤からラストの人間模様の描写も盛り上がり所こそ少ないけど、飽きることなく集中して観れます。

この映画通して演者達は演じている感が全くなくて、本当にそこに普通に生きている人達に見えます。

恋愛に発展するまでの過程なんかリアルで吃驚。ブロークバック・マウンテンでも思ったけど、男同士の恋愛て嘘がなくて愛情表現がストレートで遠慮がなくて良いな。

一番泣いたのは父子のシーンと見守る祖母の優しさ。これからの牧場のあり方について父子で本音で話すシーンが素晴らしくて
涙が止まらなかった。言葉に出して気持ちを伝えることの大切さを痛い程感じました。
なな

ななの感想・評価

3.8
自然的で素朴な映画だった。
牧場での動物の世話や2人のやり取りがとても生々しいけど、命を感じる。
閉鎖的で未来がないように見える田舎を全否定するのではなく、良いところも悪いところもありのままに映していて、これからの主人公の生活に希望を見出せる。

それにしてもゲオルゲの包容力がすごい。

このレビューはネタバレを含みます

主演の二人がすごく良かったです。
景色が綺麗で子羊ちゃんが可愛い。
ラストの再会シーンのゲオルゲとジョニーの表情が最高。濡れ場が丁寧に、しっとりと、とてもエッチに描かれていて満面の笑みを浮かべてしまいました。グッジョブ…
>|