ゴッズ・オウン・カントリーの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

「ゴッズ・オウン・カントリー」に投稿された感想・評価

2人が惹かれ合う様子。また、互いに必要な存在である事に気付きながら復縁する様子が強く描かれていた作品。
私だって仲良く関わる人じゃないと喧嘩はしない。というよりも出来ないでしょ。

迫力というよりも、同性愛の感動作品の1つである。
ふじう

ふじうの感想・評価

5.0
2019年7月22日 145本目 DVD
9月16日 167本目 BluRay

好きすぎて円盤購入。

ゲオルゲのセーター(ゲオジャン) 欲しい。

ゲオルゲ役のアレックセカレアヌ
いい声すぎて音声だけでも満足度100( ・_・)

GOCがBBMをリスペクトしていると感じた点。
がいくつもあって、文字に起こそうとしたけど
自分の心で理解してればいいや

やっぱりBluRayで見ると画質の違いすぎて、違う作品かなって思えるくらい
やっぱりBluRayの方が景色が印象に残る。
KN

KNの感想・評価

3.5
19/087
ぷーこ

ぷーこの感想・評価

3.5
ストーリーが普通すぎて…
そこが良いのかもしれませんが

103
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.8
物憂げな寂しい土地に嫌気がさしながらも、父の病気で牧場を嫌々継ぐ主人公
きっと都会の大学に行ったりしたかったんだろうなってのが見てとれる。

ゲオルゲが来たことで、美しさや温かさを知り、ジョニーも徐々に変わっていく。

ジョニーの心情のように、風景も変わってみえてくるのが素晴らしかった
Hazuki

Hazukiの感想・評価

4.4
この映画に反映されている様々なリアルに圧倒された。
ギリギリするような冷たい空気とか、切った手のひらの沁みる感じとか、鳥肌立つような空とか(だからゲルゲオが外でコーヒー飲む時の顔の向きに納得する)、果てには家の壁の質感や食べ物の感触までリアルに感じれた。サマーセットでの生活がミソなのは分かるんだけど、それだけじゃないこの映画の凄さがある。そして牧場を生きていく人間のリアル。
写真にしろ映画にしろ、広大な風景を本当に反映させている作品は実は少ない。からそれが本当に凄かった。
タルコフスキー。
温度が伝わってくる映画がある。明け方の空気とか、寒い朝に飲むコーヒーとか、羊の鳴き声とか、月の光とか。目に見えなくても確かにそこにあるもの。

これは映画館で観たかった。
できれば古びた小さな映画館で観たかった。ガラガラの座席におっさんのいびきが響くなか、付き合いの浅い恋人と一緒に観てなんだか気まずくなりたかった。映画の感想なんて何も話さないで、ただ黙って手を繋いで、じんわりと暖かくなる胸の内をもしも見せあうことができたら触れあうことができたら、他には何もいらないと思った。手を繋ぎたいと思った。
恋愛ってこれだわ。理屈抜き。羊さんに羊の毛を着せるところとか、美しくて寒そうな田舎の景色も癒される。ジリジリした2人の関係がもどかしく、まぎれもない恋愛映画。
eguhiro

eguhiroの感想・評価

3.6
素朴で泥臭いブロークバックマウンテン
丁寧な心理描写
にしてもボカしは興醒め
>|