バイスの作品情報・感想・評価

上映館(2館)

バイス2018年製作の映画)

Vice

上映日:2019年04月05日

製作国:

上映時間:132分

あらすじ

「バイス」に投稿された感想・評価

hirotan

hirotanの感想・評価

4.0
ブッシュ政権を検証したくなった。
でも、あそこまで実在人物に似せられるのは、アメリカにタマが多いのか、特殊メイク技術なのか?
Nakman

Nakmanの感想・評価

3.4
チェイニー副大統領に迫った今作、観てきました。

感想ですが、なんかゴチャゴチャしてました(笑)
スッと入ってこなかったです。
色々盛り込み過ぎのように感じました。
また、コメディー的な作りと音楽の部分があったのですが、内容と合ってなかったです。
あとは、専門的な表現、法の解釈等、難しいことが多く、観ていて疲れました。

良かった点は3点。

1. 俳優の演技
チェイニーを演じたクリスチャン・ベール、ブッシュを演じたサム・ロックウェルに加え、ラムズフェルドを演じたスティーヴ・カレル、チェイニーの妻を演じたエイミー・アダムスの演技は見事でした。

2. この作品を作ったこと
このチェイニー副大統領の描き方で作品を作り、公開するのは勇気がいることだったと思います。
それをしたことは素晴らしいです。
おかげで最低最悪の副大統領チェイニーという人間を知ることができました。
正直、昔の独裁者と大差ないかなと思いました。
彼が今も普通に生きていると思うと不快なほど。

3. テロと戦争のリアルな映像を使っていたこと
これによりリアルさが段違いでした。
良い映像ではないかもしれませんが、忘れてはいけない映像なので。

こんな感じです。

気持ちの良い作品ではないです。

正直、同じテーマなら「記者たち 衝撃と畏怖の真実」のほうがオススメです。

以上、「バイス」 レビューでした。
スーパーヒーロー系の映画見てるみたいだった。なんかかっこよかった
akiko

akikoの感想・評価

4.0
それぞれの役作りが凄い‼
権力の恐ろしさを痛感した。
ドバイ行きの飛行機で
英語だったからか、よさがイマイチわからなかったぞ?

クリスチャンベールは好きだ
落ち着いたおっさんになりたい
MissY

MissYの感想・評価

4.0
ロードショー公開の時に見逃したけど、なんとコレと「記者たち」2本立てで上映してくれた、小倉昭和館さん。ありがとうございます!2本まとめて見たので理解が深まりました。なにせ、嘘つく側と嘘を暴く側だもんね。
ナレーションが誰目線なのか?と思っていたら、終盤でまさかの!!
そして一旦終わったと思わせて、からの〜っていう、ものすごい怒涛の展開。
奥さんがやり手で賢いからこその出世だった訳ですが、この人がここまで出世しなければ青二才のブッシュ大統領が操られることもなかったかもと思うと、うーん。見た後なんだかグッタリ疲れた映画でした。

このレビューはネタバレを含みます

編集がめちゃくちゃユニークでオデッサの階段ぽい。監督の主観ゴリゴリで史実を描いてく感じがすごく伝わってここまで振り切ってたらめちゃくちゃ面白くなるんだなって思ったし、最終的なおれはめちゃくちゃリベラルに寄ってるからよろしくなみたいなオチが笑えた。見たことない映画すごく興味をそそられたし、主人公や周りの大人ディスりまくる構成だったのに最後のテレビのインタビューに答えるシーンで主人公の主張が強く出されて、リベラルに持ってかれてた観客のマインドがあそこで一気にニュートラルになってる気がした。ほんとに面白い。見たあとどっちの見方になってるかは人次第かな
青梅

青梅の感想・評価

3.0
みんな、選挙に行こう
花椒

花椒の感想・評価

3.0
回想シーンと現状が交互に入れ換わり、途中から完全に置いてけぼりになってしまった
>|