生きてるだけで、愛。の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

「生きてるだけで、愛。」に投稿された感想・評価

sari

sariの感想・評価

2.6
人間の汚さとか赤裸々すぎて
後味悪い感じの映画
たこ

たこの感想・評価

4.0
邦画はこういうじっとりした作風が好きです。正直僕は菅田将暉目当てで見たんですけど、影のある役がとても好きなのでよかったです。去年の冬はこの映画を見て、トレンチコートに斜めがけのカバンを下げて猫背気味に歩いていました。今年も真似してまうんやろなあ。寧子を見て、なんて身勝手な!って思う人もいると思いますが、「なんでみんなと同じができないんだろう」という言葉に尽きます。普通なんかないよって言ってくれる人もいるんですけど、さすがに最低限生活する上での普通はあって、それができないことに困ってるんですよね。自称社会不適合者のみなさまはせいぜい幸せになれよ。
りんた

りんたの感想・評価

3.9
めちゃくちゃ感情移入してしまった
Hinanoxxi

Hinanoxxiの感想・評価

3.6

ちょっとした人と人との関わり

ちょっとした開放感

ちょっとした喜び

そんな中での対処できないしんどさ

毎日毎日なにかを感じて、
生きているんだな〜と思った
鬱猫

鬱猫の感想・評価

3.5
主演が両方好きだから星3.5
チハル

チハルの感想・評価

3.7
観ていくうちにどんどん二人に引き込まれていきました。口数少ない津奈木も胸の中にはなにかを抱えているんやろうな…という菅田くんの素晴らしい演技。この二人は菅田くんと趣里さんやから成り立ったなぁ。凄い。
世武裕子さんの音楽がこの映画にとてもマッチしていて良かったです。
たかぎ

たかぎの感想・評価

4.5
涙を流すというよりはただただ息を飲んだ。
躁鬱の主人公の話だけど、所々クスッとするシーンがあったり、一方で絶望的な感情が渦巻いたり、この微妙な感覚を上手く昇華した趣里と菅田将暉に感服しました。
大部分が冗長に進む感じではあるけど、ラスト30分くらいは特に魅入ってしまった。
タイトルと劇伴の感じも良。
躁鬱に悩む女性とその周りで関わる人々の日常の物語。
今の自分の物差しでは測りきれない言動や行動が多々あった。
躁鬱になってみないとその感覚は分からないだろうが、実際になると苦しいでは済まされないうえ、どうやって解決するか、自分をコントロールするかが分からないという、無限に繰り返される様子は観ていて辛いものがあった。
ryoryosan

ryoryosanの感想・評価

3.9
これは心に刺さったな、、

カフェの人たちとうまく合わせていけなかったところ。。カフェの人たちはなぜ彼女が混乱して飛び出してしまったのかわからないだろうな。。

自分たちは善意で精神的にまいってる人を救済してるつもりが傷つけてしまうことって多いと思う。
マ

マの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

最初は自分とも重ねて寧子にすっごいイライラしてしまったけど、気づいたら共感してる自分もいて観ながら感情ごちゃごちゃになってしまった…

特にバイト先の人たちの「私たちがいればなんとかなる大丈夫!」私たち家族だもんねー」みたいな優しさに感謝しつつも違和感を感じてしまうのなんか分かる…
決して言葉や行為に表したことはないけど、その心のモヤモヤを体現した監督と趣里さんがとにかくすごい…
>|