Aya

ゴールデンスランバーのAyaのレビュー・感想・評価

ゴールデンスランバー(2017年製作の映画)
3.5
#twcn

めっちゃおもろい!!
日本版の映画も原作小説も未見なんですけど、これそのまんまなんですか??
日本版知らないですけど、韓国警察の泥臭い感じと情報院のエリート集団の攻防とかいい感じ!


まあ、ドンウォンオッパがカッコよければそれで5億点くらいしちゃうんですけど、バカがつくほど善人だったり純粋過ぎる役って似合いますよね。

で、ある日偶然アイドルを強盗から助けたことで、警察に表彰され有名になったが、毎日真面目に配達員として働き、自身のバーの開店準備を進める。

友人のユン・ゲサンが久々に会いに来て「有名になったからまた保健か選挙のお願いかな。でも大事な昔のバンド仲間が困ってるなら俺にできることはなんでもするよ!」という相変わらずの善人ぶりを見せたら、爆弾を押し付けられ、大統領候補の暗殺犯にされ、指名手配されてしまうことに?!

ユン・ゲサンはやっぱ悪役ですよね!!
あと、ハンバーガーをああやって食べる人たまにいますよねw
なんでなんすかw?
私がチーズバーガーをプレーンで食べるのと同じ感覚なんかな?

とにかくオッパがマスコミ、警察、情報院(殺しにきてる)から逃げるお話。
そして親友の死の、事件の真相を探る。

手助けをするのは何やら腕利きの活動家キム・ウィソン。
「釜山行き」のクソ野郎ですね。

オッパのユン・ゲサンと一緒にバンドをしていた昔の仲間、弁護士のキム・デミョン、電気屋?のキム・ソンギュン(奇しくも同じ日に彼の出演作品に当たるw)そして、何か只ならぬ雰囲気のあるDJハン・ヒョジュさんを頼りにするが、頭をよぎるのはユン・ゲサンの遺言「誰も信用するな」。

そして、絶賛開店準備中の自身のバー「ゴールデン・スランバー」の準備をしている後輩チェ・ウシクくんまでもが・・・。
(「オクジャ」の子です)

CCTV(監視カメラ)大国、韓国ではいつどこにいようと監視カメラに収まってしまう。
(ちなみに1畳ほどしかないようなお店が並んでいる場所でも、店一つ一つにCCTVがあるレベル)

すぐに追いついてくる情報院、そしてマスコミの連日の報道の中、オッパはどうやって逃げるのか?!
そして「シリコン」の存在とは?!

なんかお父さんに助けを求め用として思い留まるから、仲悪いのかと思ったら・・・この子を作るのは、そりゃこの親だよね!!というかっこ良さ、そしてオッパが連絡を思い留まった理由。
お父さんの姿に涙を流すオッパを見逃す食堂のおばちゃん・・・ううう(T_T)

とにかく起きることが早い!!
映画始まって5分で追われるオッパw
ウダウダ登場人物の説明とか背景とか並べられるのめんどくさいんですよ。
さっさと始めて、常に動きのある映画なので飽きる場所がない。
入り組んだ追いかけっこはちょっとですが、展開が怒涛のようにいろんな人にいろんなことが起こってオッパの環境がコロコロ変わるので見てて楽しいです。

ほんと、政治利権てすごいですね・・・それに従う情報院のプロのバカさ。

そして華麗なる幕引き。
あの地下道のシーン、単純に絵面としておっさんが〇〇するシーンめっちゃ面白くないですか?
私あのシーン大好きなんですけどw
まあ、多分生きてて実際見ることないし、映画の中でもあんま見ないシーンでしたねw

それにしてもハン・ヒョジュさんはいつ見ても、どんな髪型でも、眼鏡でも美しい・・・。
ソウルロケ満載なのも見所かも。

ラストの幕引きも大好きですね。
夢物語すぎるけど、あの生意気な彼女いいじゃないですか!
(「優しい嘘」のキム・ユジョンじゃん!相変わらず美少女〜)
そうきたか!
うん!盛りすぎ!!っていうチャーミングさも含めて良かったです★

韓国では大コケでしたが、さすが伊坂幸太郎ファンの多い日本ではちゃんとウケてますね。


日本語字幕:李 英愛