富小路公子

旅するダンボールの富小路公子のレビュー・感想・評価

旅するダンボール(2018年製作の映画)
4.2
段ボールアーティスト 島津冬樹さんのドキュメンタリー映画。
リサイクルの次元ではなく、不要なものを「大切なもの」に昇華させる「アップサイクル」についてかなり取っつきやすい形で軽妙にまとめられていて、1秒も飽きることなく観られる作品。

クスッと笑える場面も随所に織り込まれた、島津さんご本人の人柄のように良い意味で適度に肩の力が抜けたラフ感があり、
そこにも義務感や使命感が先行しがちな社会問題へのアプローチとしてではない、
本当に島津さんの「好き」や「ワクワク」ありきの活動であることがよく映し出されている。

そのピュアさや熱量こそがノースフェイスやエースホテルなどトップオブオシャレの権化にまで波及する一大ムーブメントを巻き起こしているのだと思う。