サトーリョー

旅するダンボールのサトーリョーのレビュー・感想・評価

旅するダンボール(2018年製作の映画)
4.0
ダンボールから財布ができる工程を惜しげもなく最初から最後まで見せてくれるのはすごい。

彼はただ自分の『好き』を追求していて、他人からの評価や社会的な立ち位置はその後からついてきているものに過ぎない。

だから、彼自身は例えどんな有名企業に入社しようとも決してぶれることがなかったのだと思う。


同じ時代に生きるものとして、とても感銘を受けたし見習わなくてはいけないなと思った。

やっぱり、自分の『好き』を追求しているやつこそが最強ですよね。


映画の前後半に描かれるメッセージは、これがあることで映画としては全体として綺麗にまとまっているのかもしれないけれども、個人的にはこれがない方が好きかなーと思った。