ヘビメタおやじ

旅するダンボールのヘビメタおやじのレビュー・感想・評価

旅するダンボール(2018年製作の映画)
3.0
1412本目。ニッチなものが大好きなニッチな人を突き詰めるとそれなりの面白さになるのですね。大きく心動かされたり、社会的意識が高まったりはしませんが、楽しそうでいいです。お財布にそれほど魅力は感じませんでしたが、価値がないと思われているものに価値を生まれさせるのはいいことかもしれません。ただし、私はみうらじゅんさんのように、無価値のものの無価値さそのものを楽しみ、喜ぶほうが性に合っていますが。