メタ壱

旅するダンボールのメタ壱のレビュー・感想・評価

旅するダンボール(2018年製作の映画)
4.1
ダンボールをこよなく愛し、世界中で集めた廃ダンボールで財布などを作る活動をしている島津冬樹さんを追ったドキュメンタリー作品。

普段あまり気に止められることもなく、増してや使い終わったとたんにゴミとして廃棄されてしまうだけのダンボール。

そんなダンボールが大好きな島津さんを通して見える、全く知らなかった景色。
自分にはない趣味や感性をもっている人のお話はやっぱり面白いです。

普段何気なく消費しているダンボールにも沢山の作り手が関わっていて、それに関わった人たちの人生という物語がその中には梱包されている。

そんな廃棄されて終わりのはずのダンボールが島津さんという1人の人間を通してリサイクル、アップサイクルされ再び新たな人と人との繋がりを作っていく。

普段の生活の身の回りにある何気ない物にも沢山の物語があるんだと、島津さんのようにあれこれ妄想したくなります。