chikolegustamd

旅するダンボールのchikolegustamdのレビュー・感想・評価

旅するダンボール(2018年製作の映画)
3.0
ドキュメンタリーというより、イメージ映像みたいな感じ。ダンボールサイフの作者、彼がどれほど素敵な人か。周りにいる人々も意識の高いキラキラしたキレイな人達ばかりで…ちょっとウマイ話だけな感じが今一つ共感できなかった。
最後にじゃがいものダンボールのイラストを書いた丸夫さんを探す旅で、たどり着いた老年の男性と奥さんの仲睦まじい様子が印象的。ご夫婦が喜んでくれたことを自身の妻に電話で報告したら「いいことしたね」と言ってくれたと。「いい言葉だな、と思った」とのコメントからここも仲睦まじい夫婦であることがわかる。なるほど、完璧じゃないか!素晴らしい!
夫婦愛の物語。夫婦愛が世界を救うのかも知れない 笑
アップサイクルは面白そうだからやってみたいことの一つ。ただ、そういう風に見ると周りのものなんでも使える様な気がして、捨てられないの。モノを集めたり保存したり…断捨離派、ミニマリストとは両立しにくい行動だなぁ。なかなか難しいね、SDGsも…

改めて、もう中学生さんって凄いと思った。随分前からダンボールの再利用で芸を完成させていたわけだから。彼のドキュメンタリーとか生い立ちとか見たいな。こちらの方がドラマがあるんじゃないだろうか。