OYMN

旅するダンボールのOYMNのレビュー・感想・評価

旅するダンボール(2018年製作の映画)
3.6
NHKとかでやってるドキュメンタリーの当たり回みたいな感じでなかなか面白かったです

撮り方としては、ドキュメンタリーというよりも主役の島津さんがこういう活動してますーっていうPV的なニュアンス

個人的には、みうらじゅん氏のように無価値さをそのまま楽しむノリのほうが好きではありますが、島津さんの純粋さもそれはそれで魅力的でした

ただ終盤のアップサイクルごり押しパートはちょっとうるさかった気も
アップサイクルと言ってもけっこう捨てる部分もあるんじゃないかとか考えちゃったり
その点に限らず、正直ひねくれた見方をすればなんぼでもケチをつけられちゃう部分はありました
とはいえ、人の意識を変えるきっかけを作るってのはとても意義のあることだなと

とりあえず探偵ナイトスクープ的なパートでポテトデザイナーの奥さんが涙したシーンはよかったです
作品全体の雰囲気(ドキュメンタリーというよりPV的な感じ)の影響でそれをあざとく感じてしまう自分もいましたが笑